日報を取り入れてみる

メンバーとのコミュニケーションの機会を増やしたいなら、日報を活用するという方法があります。

忙しいメンバーや外出が多いメンバーとは、コミュニケーションのチャンスが少なくなることもあると思います。対面で話す時間を確保するのが難しい場合は、空いた時間や外出先からでも対応できる日報の導入を考えてみるといいでしょう。

日報は、毎日の振り返りができるいい機会になります。1日の終わりに自分の仕事を客観的に見直すことで、良かった点や悪かった点に気づき、今後の改善につなげることが可能です。

日報で作業状況について情報共有していれば、「あの仕事はどうなってる?」「頼んだ仕事はどこまで進んでるの?」といちいち聞く必要もありません。その都度評価やフィードバックを伝えることもできるので、お互いの認識のずれなどに早く気づくこともできます。

一方的な報告にならないよう、フィードバックやコメントを返すなどして、日報をコミュニケーションの機会としましょう。作業が増えて負担にならないよう、手軽に日報を作成できるような方法・頻度を考慮するようにします。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

仕事仲間との関係

報連相のスタイルはメンバーの個性に合わせる

弊社ではプロジェクトマネージャー、エンジニア、デザイナーなど役割の違いはあるにしても、プロジェクト内では、それぞれの関係性で上下を作らず、互いに意見を言い合えるようなフラットな関係でプロジェクトに取り組んでいます。そんなフラットな関係でも、メンバー…

ACTION

学びと気づきの宝庫!「たまに」「重ため」なヒトカラ流の日報

このアクションの目的は… オフィス移転や施設運営に関わる複数の事業部があるヒトカラメディア。社内では常時100~150ものプロジェクトが同時進行しています。日中は外出するメンバーが多く、実は全員が顔を合わせる機会はなかなかありません。どんなプロジェ…

仕事仲間との関係

営業とエンジニアが積極的に交流するメリットと注意点

私はもともと営業職だったのですが、今はエンジニアで構成されたチームのマネージャーを務めています。マネージャーに就いた当初から、同じ事業部内にある営業チームとエンジニアチームの間で、文化の違いからくるコミュニケーション不足を感じていました。 そこで、…