ミスを非難するのではなく改善策を考える

問題が起きたときは、ミスをした個人を非難するのではなく、対策を考えるようにすると問題の再発を防ぐことができます。

ヒューマンエラーが原因だと考えられていると、問題が起きたときに個人を注意したり反省を促すことになります。これでは、別の人がまた同じミスを起こす可能性があります同じエラーを起こさないためには、問題の根本原因を究明しなければなりません

Etsy社では問題が起きたときに、ミスした個人をを非難するのではなく、問題が再発しないよう状況を改善するという手法が取られているそうです。改善は以下の手順で進めます。

  1. ミスが生じた状況を細かく分析する
  2. 何が問題だったのかを追求しミスの原因を明らかにする
  3. 今後ミスが起きないよう対策を考える

ミスを厳しく非難される職場だと、ミスが隠蔽される可能性が高まります。状況の改善にフォーカスされていると、非難や叱責を恐れて事実の報告が遅れるという事態も防げます。

ミスをしないようにするのではなく、エラーが起きない状況をつくることです。原因の究明にフォーカスし、ミスを防ぐための改善策を考える姿勢を徹底しましょう。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

同僚からの困難時の支援

部下からの質問は忙しくても後回しにしない

私は、部下からの質問は後回しにしないで、すぐに答えるようにしています。そうすることで、質問しやすい雰囲気を作れるからです。 過去に実体験として、質問をしにくい上司がいました。話しかけるとだいたい「待って」「今話しかけないで」というそっけない対応で。…

同僚からの困難時の支援

受託開発におけるチームビルディングと課題発生時の連携

受託開発チームは約20人で構成されています。その中でも、プロジェクトマネージャー、エンジニア、デザイナーといった役割の人たちが所属している状況です。 プロジェクトチームを組織するとき、基本的には各役割が2人以上になるようにアサインするようにしていま…