問題解決にロジックツリーを活用してみましょう

問題解決の際によく利用されているのが、ロジックツリーというフレームワークです。ロジックツリーを使うと問題をロジカルに分解でき、問題の原因や解決策を自然と導き出すことができます。

ロジックツリーは、大きく2種類に分けられます。問題の原因を明らかにするWhyツリーと、解決策をリストアップするためのHowツリーです。問題解決にロジックツリーを使う場合は、Whyツリーを作成してから、Howツリーを作成するという手順で進めます。

①Whyツリーで問題を分解する

まず問題点を書き、そこから「なぜ(Why)」を繰り返して細かく分解していきます。問題の根本的な原因が明確になるまで掘り下げます。分解するごとに、具体性を高めていくのがポイントです。

②Howツリーで解決策を導く

Whyツリーで問題が細かく分解され具体的になったら、次はHowツリーを使って改善策のアイデアを導きます。「どのように(How)」を繰り返し、改善策を書き出していきます。具体的な行動になるまで掘り下げましょう。

ロジックツリーのいいところは、問題の全体像をわかりやすく可視化できることです。何から取りかかっていいかわからない問題は、分解すると解決策が見つけやすくなります。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

異なる職種の部下のマネジメントにおいて意識している3つのポイント

このアクションの目的は… チームメンバー同士が自身と異なる職種(エンジニア職、デザイナー職、ディレクター職)であったため、チームを1つにまとめるために「①世界観をふまえて仕事の依頼をする」「②依頼する仕事に納得感を持たせる」「③発言する立場を明確に…

職務上の支援

「あえて答えを教えない」若手社員の教育方法

私はメンバーに対して教育をする時に、「答えを教えない」ことを心がけています。 私のチームは営業職ですので、お客様とのアポが取れなかったり、商談がまとまらなかったり、という課題がつきものです。そうした課題にメンバーが突き当たったとき、いきなり「答え」…

ACTION

各種ツールを活用した中途入社社員早期定着化の仕掛け

このアクションの目的は… メンバーの特性を多面的に可視化し、相互理解のスピードを速める。 このアクションの実践方法は… 各種ツールを活用し、新しく入社したメンバーについて多面的な理解をする機会を設けることで、組織への早期定着化を図る取り組みを行って…

職務上の支援

成長フェーズに合わせて、サポートする範囲を伝える

仕事でサポートしたほうがいい範囲は、その人の成長フェーズによって変わるものです。 僕は「やってみせるフェーズ」「やり方を支援するフェーズ」「まかせるフェーズ」と、3つにわけて、今相手がどのフェーズにいるのかを見極め、サポートするレベルを変えています…