NLPを目標設定に活用する

目標設定がうまくできないときは、NLPという心理学の理論を活用してみるのはどうでしょうか?

NLPとは、Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング)の略で、1970年代にアメリカで始められた心理学の研究です。

目標達成やコミュニケーションスキル向上のツールとして、スポーツやビジネスの世界でも活用されています。ここでは、NLP式目標設定のポイントをいくつかご紹介します。

NLP式目標設定のポイント

①肯定的な表現を使う

「残業をしない」 → 「定時で帰る」とういうように、否定的な表現は、肯定的な表現に変換します。脳は否定的な言葉を認識しないため、「残業をしない」という言葉は「残業」をイメージさせてしまいます。ネガティブなイメージにフォーカスしないよう、目標は肯定的な言葉で表現するようにします。

②自身でコントロール可能な目標を設定する

他人の行動や気持ちは、コントロールできません。「人にこう思われたい」「誰かにこんな結果を出して欲しい」という目標は、自分の目標とするには適切ではありません。自身の努力次第で達成可能な目標を設定するようにします。

③達成したシーンをイメージする

目標を達成した瞬間をはっきりとイメージできると、ゴールが明確になり行動を起こしやすくなります。いいイメージを持つことはモチベーションアップにも効果的なので、達成シーンをしっかりとイメージするようにしましょう。

NLP式目標設定のポイントは、肯定的な表現を使うということです。心理学や脳科学に基づいて体系化された理論を、目標設定に活用してみてください。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

達成感

「クリエイティブフライデー」でチームの生産性を高める

コーポレート・コミュニケーション室(CC室)では、チームとしての生産性を上げるためにさまざまな取り組みを行っています。 1つ目が、「クリエイティブフライデー」です。これは、「緊急ではないが重要度が高い仕事」を意味する「第二領域」に注力する時間を設け…

ACTION

"明日からできる"メンバーの価値観をインタビュー

このアクションの目的は… エンゲージメントを上げるために、メンバーの承認、達成感ポイントを理解し、 日頃のフィードバックに活かす。 このアクションの実践方法は… 人によって、承認されたと感じるポイントや達成感を感じるポイントが異なります。 メンバー…