事業戦略に意見・提案できるようにする

会社の方針や事業戦略への共感を高めるには、社員が経営者目線で会社の経営について考える仕組みをつくることです。

サトーホールディングス社には、「三行提報」というオリジナルの仕組みがあります。社員が現場で気づいたことや改善のアイデアを三行(127文字)にまとめて提出するという取り組みで、全社員が毎日会社の経営トップに直接報告や提案を行えます。

経営者だけでなく、全社員の力を集結させてこそ良い経営ができる。そのためにも普段から全員が会社を良くしていくための方法を真剣に考えなければならない」という創業者の思いから導入され、40年以上続いています。

報告は経営トップの指示やコメントが追加されたものがデータベース化され、社内の情報共有としても活用されているそう。

報告により、経営トップは現場の状況をタイムリーに把握することができます。社員一人ひとりが経営者視点で会社やサービスについて考える、「全員参画の経営」の実現にもつながっているようです。

現場にいる社員だからこそ気づけることや思いつくアイデアは、経営陣にとっても貴重な情報となるはずです。会社の経営や戦略に関わる機会をつくることで、社員の帰属意識を高めることもできます。社員が会社の経営方針や事業戦略について、意見や提案ができる仕組みを考えてみましょう。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

会社の方針や事業戦略への納得感

チーム独自の「ミッション・ビジョン・バリュー」を作る

コーポレート・コミュニケーション室(以下、CC室)には、独自の「ミッション・ビジョン・バリュー」があります。これはCC室のメンバーに、「自分たちの仕事は会社のミッション・ビジョン・バリューとひも付くもの」だと実感してもらうためです。 CC室は社内管…

ACTION

会社の方針は「全体発表と個別の食事会」のセットで伝える

概要 会社の方針は「全体と個別」をセットで伝えることでより納得感が増します。 サイバーエージェントでは、半期に一度、全社員が集まるグループ総会の場で、会社の大きな方針が代表の藤田からで発表されます。最近だと「平成ラストスパート」というコンセプトで、…

会社の方針や事業戦略への納得感

OKRを初めて導入するときは「自分で考える」ことを最重要事項に

ミナジンは、「会社の方針や事業戦略への納得感」のスコアが低く、改善の必要がありました。そこで、他のエンゲージメントスコアの推移も見ながら原因を考え「MBOを導入しているが、目標を設定する力が弱いのでは」「社員間で目標をベースとしたコミュニケーション…

会社の方針や事業戦略への納得感

意思決定はデータを用いて客観的な根拠をもとに行う

意思決定に納得感を与えるためには、データを用いて客観的な根拠をもとに意思決定することが重要です。 チームの人数が増えると、全員の意見を集約しづらくなり、マネージャーが感覚的に意思決定をしてしまう状態に陥りがちです。感覚的な意思決定は、納得感が減るだ…