なぜ発言・意見に対する承認が重要なのか

リクルートマネジメントソリューションズの組織行動研究所による人事評価制度に対する意識調査によれば、評価における上司とのコミュニケーションで意欲が上がった瞬間・下がった瞬間についての回答は以下のようになっています。

【意欲が上がった瞬間】

1位 承認・感謝の言葉
2位 成長に向けた効果的なフィードバック
3位 高い評価

【意欲が下がった瞬間】

1位 ダメ出しのみでアドバイスがない
2位 頑張りが評価されない
3位 評価の根拠に納得ができない

高い評価をされたときよりも、「自分のことをよく見てくれている」「自分の仕事や頑張りが認められた」など、承認が得られた瞬間に意欲が上がるという人が多いようです。

マイナスポイントや改善すべき点などネガティブなフィードバッックでも、仕事ぶりをきちんと見ているからこそ伝えられることであれば意欲の向上につながります。

成長を期待していることや、具体的なアドバイスと一緒に伝えるようにするといいでしょう。

実施チェックポイント

・メンバーの仕事ぶりや行動をよく見ていますか?
・メンバーに感謝の気持ちを伝えていますか?
・メンバーの意見や仕事を否定することが多くありませんか?
・評価している点を本人に直接伝えていますか?
・フィードバックやアドバイスは具体的ですか?

RECOMMEND こちらの記事も人気です

Column

もったいない!エンゲージメントの解釈を勘違いしてスコアが低下?【wevox活用コラムvol.1】

みなさん、こんにちは!wevoxカスタマーサクセスの平井です。 普段は数十名の会社から数万人の会社まで、多岐に渡るお客様のエンゲージメントUPのサポートや、エンゲージメント向上スクール「Engagement Run!」でセミナー講師を行っております…