なぜ自己評価と他己評価の一致が重要なのか

仕事をしていると、自分の評価と他者による評価の違いを感じることは、少なくないですよね。一般的に、自己評価と他己評価には、だいたい20%くらいのギャップがあるといわれています。

視点や考え方、評価基準が違えば、評価が一致しなかったり、ズレがあるのは当然のことだと理解できるでしょう。

他己評価は、自分では気づいていない強みや強みを知るきっかけになることもあります。他己評価を利用すれば、自分をより客観的に評価できるようになるでしょう。

自己評価と他己評価のバランスがとれ、ギャップが少なくなれば、自分を客観的に評価できるようになり、評価に対する納得感も増します。

実施チェックポイント

・メンバーは、自己評価と他己評価にはギャップがあるものだと理解していますか?
・他己評価にはメンバーが納得できる客観性がありますか?
・他己評価には複数人の視点が含まれているでしょうか?
・自己評価と他己評価のバランスをとることについて話し合ったことはありますか?

RECOMMEND こちらの記事も人気です

Column

もったいない!エンゲージメントの解釈を勘違いしてスコアが低下?【wevox活用コラムvol.1】

みなさん、こんにちは!wevoxカスタマーサクセスの平井です。 普段は数十名の会社から数万人の会社まで、多岐に渡るお客様のエンゲージメントUPのサポートや、エンゲージメント向上スクール「Engagement Run!」でセミナー講師を行っております…

Column

だれでも、エンゲージメントリングだけは聞いたことがある。【wevox活用コラムvol.2】

みなさん、こんにちは!wevoxカスタマーサクセスの平井です。 普段は数十名の会社から数万人の会社まで、多岐に渡るお客様のエンゲージメントUPのサポートや、エンゲージメント向上スクール「Engagement Run!」でセミナー講師を行っております…