スタンディングミーティングを実施する

スピーディーで効率的な話し合いをするには、スタンディングミーティングが適しています。キャノン電子やアイリスオーヤマなど、スタンディングミーティングを導入する企業も増えているようです。

スタンディングミーティングには、さっと集まって始められる気軽さがあります。会議室を予約したり、人数分の席を確保する必要もありません。立った状態だと疲れるのでダラダラと話し合いが続くことがなく、スピーディーな展開が期待できます。

ワシントン大学の研究では、座っているより立ってミーティングを行った方が、創造的なアイデアが出やすいという結果が出たそうです。

「長時間座り続けていると死亡リスクが高まる」という調査結果もあります。1日中座りっぱなしでいるのは体にもよくないので、業務時間のうち数時間は立つ機会をつくるのは健康のためにもいいことです。

長時間の会議には向かないため、短時間で終了するミーティングや簡単な打ち合わせなどで導入するようにします。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

wevox values cardを活用した内定式ーー1日で芽生えた「はじめまして」な内定者の仲間意識

概要 2019年11月20日に行われたホワイトプラスの20卒内定式。内定式の前に「wevox values card」を使ったワークショップを行いました。 流れとしては、チェックインや人事からの会社説明を行なった後に、内定者6名で「人生の中で大切に…

ACTION

キードライバーの「トレードオフスライダー」の作成・運用

このアクションの目的は… 繁忙期などはどうしても「健康」(業務量、ストレス反応)のスコアが低下する。自分たちの組織にとって、譲れないキードライバーは何かを明確にし、それだけは絶対に低下させないようにすることを目的とする。 このアクションの実践方法は…

仕事仲間との関係

シャッフルランチのメンバー構成に工夫を凝らし、共通の話題でお互いの交流を図る

ホワイトプラスでは、部署が違う人達との交流を目的にしたランチ会「シャッフルランチ」を定期的に行なっています。ランチタイムに実施しているのは、夜の飲み会には参加できない時短社員とも交流が図れるようにするためです。 人事がメンバー構成を決め、部署がバラ…

ACTION

円滑なコミュニケーション構築のための3つのポイント

このアクションの目的は… インナーコミュニケーション(社内広報)とアウターコミュニケーション(社外広報)を従来以上に活性化させるため、社内から情報を集める&社内に情報を共有するアクションをスムーズに進めること。 このアクションの実践方法は… 【積極…