なぜワーク・ライフ・バランスの実現が重要なのか

長時間労働による慢性的な疲労、それに伴う身体的・精神的な障害が増え、ワーク・ライフ・バランスについて注目が高まるようになりました。

仕事と私生活のバランスがとれることで、従業員のストレスが減り満足度が上がれば、生産性の向上や離職率の低下など、会社にとっても大きなメリットがあります。

内閣府は「仕事と生活の調和推進官民トップ会議」を開催しており、ワークライフバランスの実現は、経済の長期的安定実現のために取り組むべき重要な課題であるとしています。

「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章・行動指針」では、多様な働き方・生き方ができる社会を実現するために、働き方の改革を推奨しています。

実施チェックポイント

・残業や休日出勤が多すぎるメンバーはいませんか?
・ワーク・ライフ・バランスについてメンバーと話し合ったことはありますか?
・多様な働き方が認められていますか?
・働き方について改善や改革がされていますか?

RECOMMEND こちらの記事も人気です

Column

その行動、エンゲージメントを下げているかも? その②【wevox活用コラム.vol.11】

みなさん、こんにちは!エンゲージメント案内人のマーくんです。 普段は数十名の会社から数万人の会社まで、多岐に渡るお客様のエンゲージメントUPのサポートや、エンゲージメント向上スクール「Engagement Run!」でセミナー講師を行っております。…

Column

その行動、エンゲージメントを下げているかも? その①【wevox活用コラム.vol.10】

みなさん、こんにちは!エンゲージメント案内人のマーくんです。 普段は数十名の会社から数万人の会社まで、多岐に渡るお客様のエンゲージメントUPのサポートや、エンゲージメント向上スクール「Engagement Run!」でセミナー講師を行っております。…