社員同士のコミュニケーションが生まれる場をつくる

コミュニケーション活性のために、社内にカフェやBarをつくる企業が増えています。

VOYAGE GROUP社にも、こだわりの社内Barがあります。会社の規模が大きくなるにつれてコミュニケーションや議論が少なくなり、「社員同士がもっと熱く議論する場がほしい」という思いからBarがつくられることになりました。

行きたくなるような場所にするため、内装はかなり凝ったつくりになっています。18時半以降はBarにあるお酒を無料で飲むことができるなどの工夫がされているため、社員の利用率はかなり高いそう。

社員同士の交流が活発になり、Barでの会話から新しいアイデアが生まれることも多いそう。会議室とは違った、リラックスした雰囲気で意見交換ができるのがいいのでしょう。初期投資や毎月のコストはかかりますが、費用対効果の高い施策となっているそうです。

社内に人が集まりコミュニケーションができるスペースをつくると、社員同士のコミュニケーションが活性されます。気軽に人が集まり、楽しめるような企画を考えてみるのもいいでしょう。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

グループのミッションビジョンバリューについて定例でディスカッションの場を設ける

このアクションの目的は… グループ一体感の醸成 ミッション・バリューの浸透 メンバー間の相互理解 事業部内にジャンルが全く異なる複数事業が存在し、縦割り型の組織になっていたため事業部としての一体感・チーム感があまりなかった。そこを改善し、1つのグル…

ACTION

全員の顔が見える場所で仕事をする「座席配置」と「フリーアドレス」

このアクションの目的は… メンバー同士が協力し合える関係性の構築 メンバー同士のつながりを強化し、帰属意識を醸成すること 働き方の自由度が少しずつ増す状況でも「行きたい」と思えるオフィスを創ること このアクションの実践方法は… オフィス創りの際に、…