仕事仲間に目標を考えてもらう

DODAの“未来を変える” プロジェクトでは、他人に自分の目標を考えてもらうというユニークな目標設定方法が紹介されています。

手順は次のようになります。

①自分の経歴や担当している仕事を資料にまとめて発表する
②質疑応答で仕事や目標の詳細を確認する
③発表を聞いた人が、自分ならどんな目標を立てるか考えてプレゼンする
④発表者は、仲間に提案された目標を参考に自分で目標を立てる

仕事仲間に目標を考えてもらうことには、以下のようなメリットがあります。

・自分の状況を説明することで考えが整理され、状況を客観的に把握できるようになる
・チームでお互いの仕事の状況や考えを共有できる
・たくさんの人のアイデアを活用できる

さまざまな視点から提案が聞けるので、自分では考えつかないような目標やアイデアが出てくるようです。いつもとは違った目標設定ができそうですね。

お互いの仕事内容や目標が共有できていると、仕事でも協力しやすくなります。チームで協力して目標設定を行えば、チームワークの向上にもつながるでしょう。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

メンバーのエンゲージメントを高める「傾聴」

このアクションの目的は… メンバーのエンゲージメントが高いということは、生産的な行動や、倫理観ある行動と、強く相関しているとされています。 そこで管理職としてアプローチできることとして、まず定期面談や目標設定面談、そして日々の業務での会話において&…

ACTION

"I Like&I Wish"でメンバー間の360度フィードバックを実施!

このアクションの目的は… 同じチームメンバーに対して普段はなかなか伝えられない賞賛や要求をチーム内で共有することで、自己理解や相互理解に繋げる。 加えて、仲間同士のコミュニケーションを促進することで仕事が円滑にできるようにする。 このアクションの実…

ACTION

円滑なコミュニケーション構築のための3つのポイント

このアクションの目的は… インナーコミュニケーション(社内広報)とアウターコミュニケーション(社外広報)を従来以上に活性化させるため、社内から情報を集める&社内に情報を共有するアクションをスムーズに進めること。 このアクションの実践方法は… 【積極…

仕事仲間との関係

営業とエンジニアが積極的に交流するメリットと注意点

私はもともと営業職だったのですが、今はエンジニアで構成されたチームのマネージャーを務めています。マネージャーに就いた当初から、同じ事業部内にある営業チームとエンジニアチームの間で、文化の違いからくるコミュニケーション不足を感じていました。 そこで、…

ACTION

キードライバーの「トレードオフスライダー」の作成・運用

このアクションの目的は… 繁忙期などはどうしても「健康」(業務量、ストレス反応)のスコアが低下する。自分たちの組織にとって、譲れないキードライバーは何かを明確にし、それだけは絶対に低下させないようにすることを目的とする。 このアクションの実践方法は…

仕事仲間との関係

相互理解ワークショップを効果的に行うコツ

ホワイトプラスでは相互理解を深めるために、各グループ単位全員で行うワークショップを実施しています。 方法としては、最初に社内掲示板ツールを利用して、各メンバーにパーソナリティを深掘りする質問への回答を記入してもらいます。質問項目としては、例えば「自…