人が集まるスペースをつくる

コミュニケーションを活性させるには、自然と人が集まるようなスペースをつくるのが効果的です。

ドリコム社のオフィスは、コミュニケーションを意識したつくりになっています。「チームで仕事をするにはコミュニケーションが重要。コミュニケーションの質をあげるにはハード面の工夫も必要」という考えから、オフィス設計でもコミュニケーションを重視したそうです。

とくにカフェスペースにはさまざまな工夫がされています。カフェにはプロのバリスタが常駐しているので、おいしいコーヒーを飲みに社員が集まります。朝会も会議室ではなく、カフェスペースで行われるそう。

カフェにフルーツやグラノーラなど朝食が用意されているのも、朝に人が集まるようにとの工夫。毎朝カフェで朝食をとったり、コーヒーを飲むために自然と人が集まれば、仕事で関わりのない人とも会話ができるいい機会となります。

週に1度、ランチのケータリングサービスも行われているそう。会社の補助があり、格安でおいしいランチが食べられるとあって、カフェには多くの社員が集まります。

簡単な打ち合わせや気軽に息抜きができるエリアなど、自然と人が集まるようなスペースをつくりましょう。食事や雑誌を用意するなど、会話のきっかけとなるようなものを用意すると、コミュニケーションを活性させることができます。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

wevox values cardを活用した内定式ーー1日で芽生えた「はじめまして」な内定者の仲間意識

概要 2019年11月20日に行われたホワイトプラスの20卒内定式。内定式の前に「wevox values card」を使ったワークショップを行いました。 流れとしては、チェックインや人事からの会社説明を行なった後に、内定者6名で「人生の中で大切に…

仕事仲間との関係

報連相のスタイルはメンバーの個性に合わせる

弊社ではプロジェクトマネージャー、エンジニア、デザイナーなど役割の違いはあるにしても、プロジェクト内では、それぞれの関係性で上下を作らず、互いに意見を言い合えるようなフラットな関係でプロジェクトに取り組んでいます。そんなフラットな関係でも、メンバー…

ACTION

各種ツールを活用した中途入社社員早期定着化の仕掛け

このアクションの目的は… メンバーの特性を多面的に可視化し、相互理解のスピードを速める。 このアクションの実践方法は… 各種ツールを活用し、新しく入社したメンバーについて多面的な理解をする機会を設けることで、組織への早期定着化を図る取り組みを行って…

ACTION

地方型サテライトオフィスの風土改善とコミュニケーションの活性化

このアクションの目的は… 80名規模のサテライトオフィス(新潟)にて、本社(東京)との連携強化やオフィスの風土改善のために実施。 具体的にはメンバー間のコミュニケーション活性化やメンバーの自主性を醸成する各種改善施策を行い、地方でも働きやすい環境の…