キャリアビジョンを描く

職務内容に対する満足度を高めるためには、まず、キャリアビジョンを描くことです。

ビジョンや目標が定まっていないと、仕事に対するモチベーションもなかなかあがりません。キャリアビジョンを描いてすべきことが明確になると、仕事に対する意識も高まります

しかし、なかには「自分の将来や今後のキャリアをうまくイメージできない」という人もいます。そのような場合は無理に考えさせるだけでなく、うまく将来をイメージさせるような質問を意識してみてください。

将来をイメージさせる質問例

「憧れの人や、尊敬している人は? 」
「今後チャレンジしてみたい仕事は? 」
「どんなことができるようになりたい? 」

まだ本人が自己分析を十分にできていないようなら、上司の視点から、「優れている点」や「うまくやっているなと思うポイント」を伝えます。普段の仕事ぶりから感じたことを話して、得意なことや好きな作業を聞き出します。

得意なことを自覚させる質問例

「パワーポイントの資料作成がとても早いよね? 」
「データをまとめるのが上手だけど数字が好きなの? 」
「いつも仕事が早いけど、何かコツがあるの? 」

ポイントは、本人が考えて話すということです。人に話すことで考えがまとまり、イメージができてくるということもあります。キャリア構築で考えていたことやためになったことなど、ヒントになりそうなことを話しながらキャリアビジョンを描くサポートするようにします。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

メンバーのエンゲージメントを高める「傾聴」

このアクションの目的は… メンバーのエンゲージメントが高いということは、生産的な行動や、倫理観ある行動と、強く相関しているとされています。 そこで管理職としてアプローチできることとして、まず定期面談や目標設定面談、そして日々の業務での会話において&…

自己成長への支援

部下への抽象的、具体的なアドバイスの使い分け

私は、部下に対して、抽象的なアドバイスと具体的なアドバイスをタイミングによって使い分けるようにしています。 抽象的なアドバイスをするときは、チームに入りたての人に対して仕事に対するスタンスなどを説明する時です。私たちは営業職なのですが、「物を売る」…

ACTION

「無意味なグレーゾーンを作らない」新卒OJT!

このアクションの目的は… ・心理的安全性を担保するために「不安になる要素」を作らない。 ・自発的なアクションができる環境をメンターやチームメンバーが用意する。 このアクションの実践方法は… ①業務を任せるときに「目的・背景」をしっかり伝えた上で、優…