good & newを実施する

チームのコミュニケーションが足りないと感じているなら、「good & new(グッドアンドニュー)」を実施してみるといいかもしれません。

good & newとは、アメリカの教育学者ピーター・クライン氏により考案された、組織やチームを活性するための手法です。アメリカでは、アイスブレイクやチームのコミュニケーション活性のために、導入している企業が多いようです。

やり方はとても簡単です。3~7人くらいでグループになり、ひとりずつ、24時間以内にあった「よかったこと」や「新しい発見」を1分程度で発表します。ひとりの発表が終わるごとに、聞いていたメンバーは拍手をします。

信頼関係を築きやすくなり、チームにポジティブな雰囲気を生み出すといわれています。普段から意識的にいいことを探すようになるので、思考が前向きになる効果も期待できるようです。

朝礼や朝会のタイミングで行っている企業やチームが多いようです。大勢の前で話すとなると、プレッシャーを感じる人もいるので、なるべく少人数で行うようにします。慣れてきたら、チームや部署をシャッフルしてグループをつくるのもいいでしょう。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

円滑なコミュニケーション構築のための3つのポイント

このアクションの目的は… インナーコミュニケーション(社内広報)とアウターコミュニケーション(社外広報)を従来以上に活性化させるため、社内から情報を集める&社内に情報を共有するアクションをスムーズに進めること。 このアクションの実践方法は… 【積極…

ACTION

全員の顔が見える場所で仕事をする「座席配置」と「フリーアドレス」

このアクションの目的は… メンバー同士が協力し合える関係性の構築 メンバー同士のつながりを強化し、帰属意識を醸成すること 働き方の自由度が少しずつ増す状況でも「行きたい」と思えるオフィスを創ること このアクションの実践方法は… オフィス創りの際に、…

ACTION

学びと気づきの宝庫!「たまに」「重ため」なヒトカラ流の日報

このアクションの目的は… オフィス移転や施設運営に関わる複数の事業部があるヒトカラメディア。社内では常時100~150ものプロジェクトが同時進行しています。日中は外出するメンバーが多く、実は全員が顔を合わせる機会はなかなかありません。どんなプロジェ…