good & newを実施する

チームのコミュニケーションが足りないと感じているなら、「good & new(グッドアンドニュー)」を実施してみるといいかもしれません。

good & newとは、アメリカの教育学者ピーター・クライン氏により考案された、組織やチームを活性するための手法です。アメリカでは、アイスブレイクやチームのコミュニケーション活性のために、導入している企業が多いようです。

やり方はとても簡単です。3~7人くらいでグループになり、ひとりずつ、24時間以内にあった「よかったこと」や「新しい発見」を1分程度で発表します。ひとりの発表が終わるごとに、聞いていたメンバーは拍手をします。

信頼関係を築きやすくなり、チームにポジティブな雰囲気を生み出すといわれています。普段から意識的にいいことを探すようになるので、思考が前向きになる効果も期待できるようです。

朝礼や朝会のタイミングで行っている企業やチームが多いようです。大勢の前で話すとなると、プレッシャーを感じる人もいるので、なるべく少人数で行うようにします。慣れてきたら、チームや部署をシャッフルしてグループをつくるのもいいでしょう。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

人間関係

管理職で効果的な1on1実施に向けたノウハウ共有の場を作る

このアクションの目的は… 弊社では、管理職が集まる機会を利用し、「1on1」がうまく機能しているかの確認を実施しています。とある時に「うまくいってるで」「時間がいつも足りないくらい」というポジティブな意見が大勢を占める中、「本音が引き出せていない」…

ACTION

wevox values cardを活用した内定式ーー1日で芽生えた「はじめまして」な内定者の仲間意識

概要 2019年11月20日に行われたホワイトプラスの20卒内定式。内定式の前に「wevox values card」を使ったワークショップを行いました。 流れとしては、チェックインや人事からの会社説明を行なった後に、内定者6名で「人生の中で大切に…

ACTION

偏愛LT大会〜仕事に関係なく、自分が変態的に愛するものを話す会〜

このアクションの目的は… なかなか難しい「自己開示」を簡単に実施できるようにする「きっかけ」の場。 メンバーが「自分の人となり」を表現し、相互の「個」を理解する場づくり。 このアクションの実践方法は… 過去の自分の人生(仕事とプライベート問わず)に…

ACTION

メンバーのエンゲージメントを高める「傾聴」

このアクションの目的は… メンバーのエンゲージメントが高いということは、生産的な行動や、倫理観ある行動と、強く相関しているとされています。 そこで管理職としてアプローチできることとして、まず定期面談や目標設定面談、そして日々の業務での会話において&…