社員からアイデアを募集する

挑戦する風土を醸成するには、社員から新規事業のアイデアを募集するのがいいでしょう。

リクルート社には、新規事業のアイデアを社員から募集する制度があります。1982年から新規事業コンテスト「NewRING(ニューリング)」が開催されており、ゼクシィやホットペッパー、カーセンサーなどのサービスもこの募集から生まれたのだそう。

2014年には「Recruit Ventures(リクルートベンチャーズ)」という、新規事業開発プログラムにリニューアルされました。年に1回のコンテスト形式から、月に1度審査があるエントリー制になり、応募機会が増えたそう。1次審査を通過すれば、業務時間の20%を新規事業の提案に使えるようになっています。

Recruit Venturesの目的は「10年後の事業の柱になりうる新規事業を生み出す」ことなので、アイデアコンテストで終わらないよう、事業化をサポートする体制も整っています。事業化されたサービスには、資金提供だけでなく人材やネットワーク関連の支援がされます。

チャレンジする姿勢を引き出すには、社員のアイデアや提案を受け入れる機会を用意することです。新規事業やサービスなどのアイデアをメンバーから募集したり、改善提案などができる仕組みを考えてみましょう。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

若手社員のチャレンジに先輩社員がとことん伴走する

このアクションの目的は… 高い目標に向かって全員で臨む。 メンバーの育成。 このアクションの実践方法は… 若手社員にとっては自らクライアントに提案をすること自体がチャレンジ。思いきりチャレンジできるよう、先輩社員がじっくりサポートする。 若手社員が…

挑戦する風土

「何もしないことの方がリスク」だと伝える

弊社のような問屋事業は、ビジネスモデルが強いわけではないので、ただ単に現状維持を続けていると売上が下がっていくのは明白です。なにか新しいことをやって初めて、売上をキープできる業界だと考えています。 ですので、弊社は仕入れ業務はもちろん、仕入れ先の新…

挑戦する風土

カスタマーサポート自らサービスへの提案を行う風土づくり

ギフトモールは、世の中に笑顔を増やすため挑戦し続ける会社です。そのため、カスタマーサポートを行う「お祝いコンシェルジュ」チームも、挑戦する姿勢を大切にしています。 チーム内に挑戦する風土をつくるため、「お客様の笑顔を増やす」にはどうすれば良いか定期…