事業創造イベントを開催する

オーストラリアに本社がある、ソフトウェア開発会社Atllasianには3ヶ月に1度、ShipIt Dayという日があります。24時間で新しいものを考えて完成させ、翌日のミーティングで発表するというもの。

サービスに新しい機能を追加したり、オフィスが少し便利になるようなアイデアを考えたりと興味のあることなら何でもOK。このイベントがきっかけで、商品のバグが見つかったり、新しいプロダクトが誕生することもあるそうです。

数人のエンジニアが参加するハッカソンからスタートしたイベントも、今では世界中の社員が参加する大イベントとなっています。

仲間とアイデアを出し合ったり、ほかのチームのメンバーとコラボレーションしたりと、チームワーク力を高めるいい機会にもなっているそう。24時間という制約も、集中力とクリエイティビティを引き出すのに効果的なようです。

又自由に好きなことを楽しむというのがポイント。Atllasianでもお菓子が配られたりと、お祭りのような雰囲気のなかで開催されています。楽しめる雰囲気づくりを心がけてみてください。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

若手社員のチャレンジに先輩社員がとことん伴走する

このアクションの目的は… 高い目標に向かって全員で臨む。 メンバーの育成。 このアクションの実践方法は… 若手社員にとっては自らクライアントに提案をすること自体がチャレンジ。思いきりチャレンジできるよう、先輩社員がじっくりサポートする。 若手社員が…

挑戦する風土

「何もしないことの方がリスク」だと伝える

弊社のような問屋事業は、ビジネスモデルが強いわけではないので、ただ単に現状維持を続けていると売上が下がっていくのは明白です。なにか新しいことをやって初めて、売上をキープできる業界だと考えています。 ですので、弊社は仕入れ業務はもちろん、仕入れ先の新…

挑戦する風土

メンバー主導のプロジェクトで主体性を強化

私たちの部署では、メンバーの主体性を強化するために、メンバーが主体となって発案・実行する部内プロジェクトを推進しています。 この取り組みは、部内の人と協力しながら、普段の業務とは違った自発的な活動をするというものです。部署名(コメディカルパートナー…