先輩社員が社内勉強会をひらく

社員の成長を促進させるには、勉強会など学びの機会を用意するのが効果的です。

レバレジーズ社では、各事業部のトップが社員に講義をする「社内勉強会」が開催されています。各事業部の持ち回りとなっており、多くの社員が共通して抱えている課題を解決できるテーマを担当者が自ら考え、社員にレクチャーするのだそう。

勉強会のテーマは、仕事の仕方や考え方、キャリア構築、営業実績の上げ方など多岐にわたります。社員にとっては、普段接する機会の少ない上層部の考えを学ぶことができる貴重な機会となっているようです。

講義をする側にとっても、仕事の仕方や考えをブラッシュアップするいい機会になります。講義で使用された資料は社内で共有されるので、参加できなかった社員も後から見て学ぶことが可能です。

先輩社員の経験や考えを聞くことは、若手社員にとって大きな学びとなります。社内勉強会などを開催して、成長をサポートする機会を増やすようにしましょう。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

社内ヘッドハンター、キャリアチャレンジ制度、FA制度

概要 サイバーエージェントでは、チャレンジをしたい人に多くの機会を提供するためにキャリア機会の提供を目的とした制度を複数取り入れています。 1つ目が、社内ヘッドハンター制度。 これは、どこの部署にも属さない社内専門のヘッドハンターがおり、フラットな…

ACTION

新卒1,2年目のスタッフが自社のエヴァンジェリスト(伝道師)に

このアクションの目的は… 新卒1,2年目スタッフの成長支援 スタッフが自分のキャリアや自社で働く意義、魅力を考え、発信する機会の提供 ※採用活動においては、「当社と採用する学生の間のミスマッチ低減」という効果も このアクションの実践方法は… 新卒採…

ACTION

あえて弱みをさらけ出す「支えてもらう型」のリーダーシップ

このアクションの目的は… リーダーの得意分野でないところのボールを、メンバーが自律的に拾えるようになる。 メンバーが「チームが有機的に働くために、何をすべきか」を考えながら動けるようになる。 「苦手なところは補いあうチームワーク思考、率先して動く自…