共通認識を形成する

会社の方針や事業戦略に対する共感を高めるには、共通認識を形成する必要があります。

ヤマトグループのある事業会社では方針転換の際、方針の浸透プロセスも変更することになったそう。トップダウンで伝えるだけではなく、議論を重ねて共通認識を形成していくという方法がとられました。

はじめに経営幹部が方針について自身の解釈や考えを伝え合ったところ、それぞれの解釈が異なっていることが判明したそうです。そこで、全員が納得できる共通認識ができるまで、徹底的に議論されました。議論を重ねることで解釈のずれが解消され、全員がより納得できる共通認識を持てるようになったのだそう。

一方的に伝えるだけでは、細かい真意までは伝わりません。解釈のギャップを埋めるには、それぞれの考えを話し合うのが一番です。

経営方針や事業戦略について考えると、組織の方針が自分ごととなるので腹落ちしやすくなるという利点もあります。

経営方針や事業戦略について、社員同士が話し合う場を設けるようにしてください。共通認識の形成は簡単ではありませんが、時間をかけて取り組む価値のあるプロセスです。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

会社の方針や事業戦略への納得感

チーム独自の「ミッション・ビジョン・バリュー」を作る

コーポレート・コミュニケーション室(以下、CC室)には、独自の「ミッション・ビジョン・バリュー」があります。これはCC室のメンバーに、「自分たちの仕事は会社のミッション・ビジョン・バリューとひも付くもの」だと実感してもらうためです。 CC室は社内管…

ACTION

会社の方針は「全体発表と個別の食事会」のセットで伝える

概要 会社の方針は「全体と個別」をセットで伝えることでより納得感が増します。 サイバーエージェントでは、半期に一度、全社員が集まるグループ総会の場で、会社の大きな方針が代表の藤田からで発表されます。最近だと「平成ラストスパート」というコンセプトで、…

会社の方針や事業戦略への納得感

OKRを初めて導入するときは「自分で考える」ことを最重要事項に

ミナジンは、「会社の方針や事業戦略への納得感」のスコアが低く、改善の必要がありました。そこで、他のエンゲージメントスコアの推移も見ながら原因を考え「MBOを導入しているが、目標を設定する力が弱いのでは」「社員間で目標をベースとしたコミュニケーション…

会社の方針や事業戦略への納得感

意思決定はデータを用いて客観的な根拠をもとに行う

意思決定に納得感を与えるためには、データを用いて客観的な根拠をもとに意思決定することが重要です。 チームの人数が増えると、全員の意見を集約しづらくなり、マネージャーが感覚的に意思決定をしてしまう状態に陥りがちです。感覚的な意思決定は、納得感が減るだ…