オンライン1on1で新入社員の不安を解消

ただでさえ慣れない社会人生活に加えて、テレワーク環境で、不安を抱える新入社員が多くいると思います。今回はそんな新入社員をケアするACTIONを紹介。1on1を既に取り入れている会社も多いと思いますが、このACTIONでは新入社員を対象に、オンラインで行うポイントをまとめています。

Point1:1on1は1人ではなく、複数人で分担する

1on1は1人の社員が担当するのではなく、複数人で分担して週ごとに担当を変えましょう。相性の良し悪しにも対応できて、セカンドオピニオンの効果もあります。1人の意見ではなく、複数人の意見を聞くことで、新入社員は悩みへのアプローチを複数知り、自分に合った解決法を実行することができます。

Point2:新入社員に1on1の概要、意義をあらかじめ伝えておく

実施前に、新入社員に1on1とは何かを説明しましょう。実施予定のアジェンダも合わせて伝えておくと新入社員も参加しやすいです。また、「主役はあくまで新入社員である」ことも伝え、新入社員が積極的に1on1に参加できるようにしましょう。

Point3:コミュニケーションを工夫して、共感を伝える

対面のコミュニケーションと比べて、オンライン上での意思の伝達は難しいです。多少オーバーなリアクションをとる、相手の発言を復唱する、表情の豊かさを意識するなど、コミュニケーションを工夫して、共感を伝えることで、信頼構築に繋がります。

Point4:一問一答にならないよう会話の工夫を

対面だと場の空気で話してくれることも多いですが、オンラインでのコミュニケーションは一問一答になってしまいがちです。質問に対する回答を深掘ってみたり、聞くだけではなくたまに自分の話をしてみたり、「生きた会話」が生まれる工夫をしましょう。

株式会社イーブックイニシアティブジャパンで行われている
実際の1on1の様子

明日からの行動に繋げるQUESTION

下記の問いを見て、回答を考えましょう。

Q.あなたの会社の新入社員が今抱えている課題はなんですか?

Q.1on1の担当は誰をアサインしますか?

→回答を考えたら、STEP1へGO!

Adviser

株式会社イーブックイニシアティブジャパン 
エンゲージメントチーム リーダー 安達美都穂氏

このACTIONは株式会社イーブックイニシアティブジャパン安達美都穂氏の取り組みをもとに作成しました。

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

使い方は自由。5年に1度の1ヶ月の連続休暇「浮世離れ休暇制度」 

このアクションの目的は… 社員が5年勤務するごとに権利が取得できる1ヶ月の休暇(有給)。自己啓発や趣味など、取得した本人の自由に利用ができる。業務から離れて趣味に没頭する、知識をつけてのレベルアップ、 自分探しをして将来について考えるなど目的は人そ…

ACTION

キャリアプランを考え、まかせる仕事とまかせない仕事を線引きする

サウンドクリエイターにとっての成長機会をどうやって提供すればいいか。やや特殊な職業ですが、クリエイティブ業務に関わる人にとって参考になるはずです。 私はメンバー、特に新卒社員に対して「独立しても食っていけるぐらいのスキルを身につけてほしい」とよく伝…

ACTION

「無意味なグレーゾーンを作らない」新卒OJT!

このアクションの目的は… ・心理的安全性を担保するために「不安になる要素」を作らない。 ・自発的なアクションができる環境をメンターやチームメンバーが用意する。 このアクションの実践方法は… ①業務を任せるときに「目的・背景」をしっかり伝えた上で、優…

ACTION

【1on1】キャリア、成長意識を高める3つの目的/チーム間の1on1を組み合わせるメリット

実施ポイント 週1回の頻度で心理的安全性を確保する 私は週に1回、30分〜1時間の1on1を行っており、場所はオフィスやカフェなどその時々で変えています。頻度としては多いと感じる人もいるかもしれませんが、心理的安全性の確保を最優先に考えた上でのペー…