オンライン1on1で新入社員の不安を解消

ただでさえ慣れない社会人生活に加えて、テレワーク環境で、不安を抱える新入社員が多くいると思います。今回はそんな新入社員をケアするACTIONを紹介。1on1を既に取り入れている会社も多いと思いますが、このACTIONでは新入社員を対象に、オンラインで行うポイントをまとめています。

Point1:1on1は1人ではなく、複数人で分担する

1on1は1人の社員が担当するのではなく、複数人で分担して週ごとに担当を変えましょう。相性の良し悪しにも対応できて、セカンドオピニオンの効果もあります。1人の意見ではなく、複数人の意見を聞くことで、新入社員は悩みへのアプローチを複数知り、自分に合った解決法を実行することができます。

Point2:新入社員に1on1の概要、意義をあらかじめ伝えておく

実施前に、新入社員に1on1とは何かを説明しましょう。実施予定のアジェンダも合わせて伝えておくと新入社員も参加しやすいです。また、「主役はあくまで新入社員である」ことも伝え、新入社員が積極的に1on1に参加できるようにしましょう。

Point3:コミュニケーションを工夫して、共感を伝える

対面のコミュニケーションと比べて、オンライン上での意思の伝達は難しいです。多少オーバーなリアクションをとる、相手の発言を復唱する、表情の豊かさを意識するなど、コミュニケーションを工夫して、共感を伝えることで、信頼構築に繋がります。

Point4:一問一答にならないよう会話の工夫を

対面だと場の空気で話してくれることも多いですが、オンラインでのコミュニケーションは一問一答になってしまいがちです。質問に対する回答を深掘ってみたり、聞くだけではなくたまに自分の話をしてみたり、「生きた会話」が生まれる工夫をしましょう。

株式会社イーブックイニシアティブジャパンで行われている
実際の1on1の様子

明日からの行動に繋げるQUESTION

下記の問いを見て、回答を考えましょう。

Q.あなたの会社の新入社員が今抱えている課題はなんですか?

Q.1on1の担当は誰をアサインしますか?

→回答を考えたら、STEP1へGO!

Adviser

株式会社イーブックイニシアティブジャパン 
エンゲージメントチーム リーダー 安達美都穂氏

このACTIONは株式会社イーブックイニシアティブジャパン安達美都穂氏の取り組みをもとに作成しました。