CATEGORY 職務上の支援

ACTION

各種ツールを活用した中途入社社員早期定着化の仕掛け

このアクションの目的は… メンバーの特性を多面的に可視化し、相互理解のスピードを速める。 このアクションの実践方法は… 各種ツールを活用し、新しく入社したメンバーについて多面的な理解をする機会を設けることで、組織への早期定着化を図る取り組みを行って…

ACTION

アイデアの幅をぐぐっと広げるヒトカラ流ブレスト「メーメー」とは?

このアクションの目的は… ヒトカラ流ブレスト「メーメー」は、クライアントからの要望や要件を複数人で眺め、アイデアを出し合うことで、クライアントへの提案の可能性の幅を広げ、質を高めることを目的としています。 また、ヒトカラメディアの空間デザインチーム…

ACTION

若手社員のチャレンジに先輩社員がとことん伴走する

このアクションの目的は… 高い目標に向かって全員で臨む。 メンバーの育成。 このアクションの実践方法は… 若手社員にとっては自らクライアントに提案をすること自体がチャレンジ。思いきりチャレンジできるよう、先輩社員がじっくりサポートする。 若手社員が…

ACTION

1on1は「体と心とエンゲのコンディショニング」

このアクションの目的は… 上司との信頼関係を高め、日頃の業務を円滑に進める。 このアクションの実践方法は… 営業部での事例になります。 営業部では目標達成状況やKPI、活動量など様々な状況を適宜見ながら、マネジメントします。 上記のことは、メンバー…

ACTION

異なる職種の部下のマネジメントにおいて意識している3つのポイント

このアクションの目的は… チームメンバー同士が自身と異なる職種(エンジニア職、デザイナー職、ディレクター職)であったため、チームを1つにまとめるために「①世界観をふまえて仕事の依頼をする」「②依頼する仕事に納得感を持たせる」「③発言する立場を明確に…

ACTION

「ラーニングブック」による業務と個人の成長(理解)の可視化

このアクションの目的は… 目的は3つあります。1つ目は、中途社員が一定期間で理解・習得する必要がある業務を一覧化すること。2つ目は中途社員が自身の理解度を記入することで自身の成長や仕事への適応度が可視化され成長への漠然とした不安を解消すること。そし…