【1on1】全社で一貫した評価を行うための“横の1on1”

・評価の属人性を解消したい

LECTURER

株式会社スペースマーケット 取締役兼執行役員CFO兼人事責任者
佐々木 正将氏

$(財務)と♡(人事)を見る男。財務経理からキャリアをスタートし一貫してベンチャー企業を渡り歩き、ベンチャーCFOとして上場準備・資金調達・経営管理全般に携わるとともに、並行して人事として採用・評価・制度・労務を担当。
2017年1月より株式会社スペースマーケットに参画し、現在はCFO兼人事責任者としてコーポレート部門を管掌。

実施ポイント

弊社では、上長と部下という縦の1on1だけではなく、マネージャー同士の横の1on1も行なっております。

主な狙いとしては、

情報交換

マネージャー同士の考え方のすり合わせ

1on1スキルを相互で高め合う

の3つがあります。

また、弊社では月に1回、部門毎にマネージャー陣を集め、キャリブレーションミーティングを実施し、評価基準や評価方法、各チームの人事の状況をすり合わせます。1on1はそれとセットで行なっています。

キャリブレーションミーティングの内容としては、各社員の目標は何か現時点の進捗はどうかそれに対してどういった評価をしていけばいいか評価の甘辛はどうかチームメンバーの状況はどうか、といったものです。

そこで同時に、会社としての1on1のルールも確認しています。

・最低隔週で30min行う。

・評価と期待のすり合わせ/成果への支援/成長への支援の3つの目的を置く。

・1on1シートを使う(評価の仕方を統一する、適時にすり合わせを行う)。

月に1回マネージャー陣で行うキャリブレーションミーティング、そしてマネージャー同士の1on1を通じて、全社で一貫した評価と支援を1on1で行えるように努めています。

ABOUT COMPANY企業情報

株式会社スペースマーケット

主な事業:スペースシェアリングプラットフォーム「スペースマーケット」の運営
設立年月日:2014年1月8日
従業員数:50名(※2019年5月現在)

OTHER STORY のインタビュー

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

グループのミッションビジョンバリューについて定例でディスカッションの場を設ける

このアクションの目的は… グループ一体感の醸成 ミッション・バリューの浸透 メンバー間の相互理解 事業部内にジャンルが全く異なる複数事業が存在し、縦割り型の組織になっていたため事業部としての一体感・チーム感があまりなかった。そこを改善し、1つのグル…

ACTION

各種ツールを活用した中途入社社員早期定着化の仕掛け

このアクションの目的は… メンバーの特性を多面的に可視化し、相互理解のスピードを速める。 このアクションの実践方法は… 各種ツールを活用し、新しく入社したメンバーについて多面的な理解をする機会を設けることで、組織への早期定着化を図る取り組みを行って…

ACTION

ATPF(アトラエ的プレミアムフライデー)〜「ガチンコの対話」をする月1の全社会議〜

このアクションの目的は… 全社員が集まり、共通のトピックについて「対話」を通じてコミュニケーションを取ることで、全社での「なぜ、自分達はここにいるのか?」に関しての目線合わせや、自分が大事にしていきたい再確認、文化の醸成、強化、並びに相互理解の促進…