ハッシュタグで賞賛!Credoを日々の行動に落とし込む方法

株式会社NEWONEでは、従業員同士が、日頃の仕事の成果や行動に感謝・賞賛するメッセージとともに、ポイントを送りあえるwebサービス「Unipos(ユニポス)」を利用しています。Uniposには、「#(ハッシュタグ)」機能があります。この機能の初期設定で、あらかじめ、NEWONECredo(企業が大事にしている価値観・行動規範)のハッシュタグを作成しておくことで、「#」を押すだけで、「#Credo」の選択肢が出てくるようになります。投稿者は、可能な限り、どのCredoに基づいた賞賛であるのかを明示して、具体的な行動とともに気持ちを伝えるようにしています。

Credoの浸透はもちろん、普段使いによりCredoの輪郭が明確になる、組織としての評価基準が明確になり結果的に組織力が向上するなど、多くのメリットがあるそうです。Uniposを利用している企業はもちろん、利用していない企業の方もこのACTIONを参考に社内チャットツールなどでコミュニケーションを工夫してみてはいかがでしょうか。

POINT1:Credoの愛称(略称)を設定

株式会社NEWONECredo6つの項目で設定されています。このCredoが浸透しやすいように、各項目に愛称を作成しています。Credoは、従業員全員が、根底に持っている指針ですので、親しみやすく、使いやすい愛称の作成は、おススメです。

POINT2:アイスブレイクのテーマはメンバーが決める

 

会社のCredoは、その会社に所属する誰もが求められる指針です。その点を全員が理解したうえで、どのCredoに基づいているのかは、行動した本人ではなく、その行動を「受けた相手」が決めることが重要です。

本人はAというCredoに基づいて判断したと思っていても、受け手はBCredoに基づいていると感じることは、少なくありません。「成果は相手が決める」ものなので、Uniposの投稿でも、行動の受け手が、どう感じているかを、Credoに照らし合わせて、具体的に気持ちを伝えることで、Credoの輪郭が少しずつ、はっきりしてくるように感じています。

明日からの行動に繋げるQUESTION

下記の問いを見て、回答を考えましょう。

Q.会社のCredoや行動規範に愛称をつけるとしたらどのような名前にしますか?(親しみやすい・覚えやすいものにしましょう!)

→回答を考えたら、STEP1へGO!

Adviser

株式会社NEWONE

アシスタント 三木奈々氏

このACTIONは株式会社NEWONEの三木奈々氏の取り組みをもとに作成しました。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

「ラーニングブック」による業務と個人の成長(理解)の可視化

このアクションの目的は… 目的は3つあります。1つ目は、中途社員が一定期間で理解・習得する必要がある業務を一覧化すること。2つ目は中途社員が自身の理解度を記入することで自身の成長や仕事への適応度が可視化され成長への漠然とした不安を解消すること。そし…

ACTION

存在意義を承認し合うチーム文化で、心理的安全性を高める

このアクションの目的は… 全社的な表彰、wevoxなどの投稿は大半が何らかの結果に対する賞賛であり、目に見える行動および結果を出す前段階の承認がおろそかになりがちになる。そこで、行動を起こす前段階として、心理的安全性の基礎となる「会社組織に存在して…

ACTION

wevoxスコアを活用した「1on1」

このアクションの目的は… wevoxのチームスコアを共通言語として、メンバーと1on1の目的意識をそろえることで、チームの現状と自身のギャップをどのように埋めていくかを当事者意識をもって考えさせる。また、スコアの項目をもとに定性的な目標や方向性を示…

ACTION

【1on1】入社間もないメンバーが多いチームでは、困りごとを中心に会話する

実施ポイント 入社間もないメンバーが多い場合、困りごとを中心に 私は月に1回、1時間程度の1on1を全メンバーと行っています。目的は「マネージャーが日々の業務の中でチームメンバーの活動や育成を支援することで、一人ひとりが気分良く働ける環境を創り上げ…