価値観ワークショップ

LECTURER

株式会社アドバンテッジリスクマネジメント
ミドルマーケット開発部 部長
菊田卓氏

このアクションの目的は…

メンバー同士がなぜこの会社で働いていて、どんなことにやりがいを感じるかを 理解した上で、日頃のコミュニケーションに活かす。

このアクションの実践方法は…

一人一人がなぜこの会社に入り、どんなことにやりがいを感じ、どんな成長をしていきたいかを発表し、理解をしあう。

※入社当時の状況から変化があれば、その変化を伝えることも歓迎。日頃の業務アサイン、声がけの在り方において、メンバー一人一人の価値観を理解した上で発言をする。

実践するときのマネまねPoint

  • 一人一人の価値観を尊重すること
  • 発表内容をメモし、みんながまた見られる場所に残すこと
  • 日頃のコミュニケーションにおいて、活かしていくこと
    ※相手がどんなことにやりがいをもって、働いているかを理解すること
  • 業務アサイン上も本人の価値観を参考にすること

チームがこんなに成長しました!

wevoxの変化(約1年間)

自己成長への支援 75→96

仕事仲間との関係 87→96

発言・意見に対する承認 89→96

※ほかの施策の影響もありますが、上記数字の変化に貢献した施策になります。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

社内ヘッドハンター、キャリアチャレンジ制度、FA制度

概要 サイバーエージェントでは、チャレンジをしたい人に多くの機会を提供するためにキャリア機会の提供を目的とした制度を複数取り入れています。 1つ目が、社内ヘッドハンター制度。 これは、どこの部署にも属さない社内専門のヘッドハンターがおり、フラットな…

ACTION

円滑なコミュニケーション構築のための3つのポイント

このアクションの目的は… インナーコミュニケーション(社内広報)とアウターコミュニケーション(社外広報)を従来以上に活性化させるため、社内から情報を集める&社内に情報を共有するアクションをスムーズに進めること。 このアクションの実践方法は… 【積極…

ACTION

wevoxスコアを活用した「1on1」

このアクションの目的は… wevoxのチームスコアを共通言語として、メンバーと1on1の目的意識をそろえることで、チームの現状と自身のギャップをどのように埋めていくかを当事者意識をもって考えさせる。また、スコアの項目をもとに定性的な目標や方向性を示…