フォロワーシップでメンバーを支える

LECTURER

株式会社トライバルメディアハウス
マーケティングデザイン第3事業部
部長
小藏 正樹氏

このアクションの目的は…

  • メンバーが働きやすい状況を一緒に考え、作る。
  • メンバーとともに成果を作る。

このアクションの実践方法は…

メンバーと定期的に1on1を実施しています。「仕事は皆の力で作っていくもの」と考えています。なので、高いスキルを持ったメンバーがモチベーションの良い状態を維持して業務遂行できるようサポートするによって、常に「スキル×モチベーション=アウトプット」を実現していきたい。メンバーとの定期的な1on1は、「メンバーを支えたい」という思いから実施しています。

1on1では、業務上かかるストレスや対人関係、ルール等のストレスといった「阻害要因になりそうな石」がないか、あれば、それはどんな石なのかを、メンバーとの対話の中で一緒に見つけることを意識しています。

実践するときのマネまねPoint

  • メンバーに話してもらうことを大切にしているが、それにはメンバーに「話したい」と思ってもらうことが大切。そのため、相手やその時の状況によって、自分から自己開示をしてみたり、聴き手に回ったりと適宜関わり方を調整するようにする。
  • 自分で解決できるようサポートしているが、当事者では解決が難しい石があるときは、自分も協力したり適任者に協力を求める。
  • 自らがフォロワーとなって、メンバーの近くにある”石を一緒に見つけて、一緒に取り除く”。これを続けることで「仕事は皆の力で作る」を実現する。

チームがこんなに成長しました!

成果が出るには時間がかかると思いますし、自分も勉強中で実際うまく行かないことも多いです。だから、1on1を継続して自らチャレンジし続けていくのが大切と思っています。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

在宅でも寂しくない!コミュニケーションを促進するオンラインシャッフルランチ

対面で話す機会が減るテレワーク環境下で、組織内のコミュニケーションが停滞する会社が多いと思います。テレワークでは、オフィスワークと違ってテキスト上の業務に関するコミュニケーションばかりで、寂しさを覚える社員も多いはず。アル株式会社では、業務外コミュ…

ACTION

円滑なコミュニケーション構築のための3つのポイント

このアクションの目的は… インナーコミュニケーション(社内広報)とアウターコミュニケーション(社外広報)を従来以上に活性化させるため、社内から情報を集める&社内に情報を共有するアクションをスムーズに進めること。 このアクションの実践方法は… 【積極…

ACTION

学びと気づきの宝庫!「たまに」「重ため」なヒトカラ流の日報

このアクションの目的は… オフィス移転や施設運営に関わる複数の事業部があるヒトカラメディア。社内では常時100~150ものプロジェクトが同時進行しています。日中は外出するメンバーが多く、実は全員が顔を合わせる機会はなかなかありません。どんなプロジェ…

ACTION

「ラーニングブック」による業務と個人の成長(理解)の可視化

このアクションの目的は… 目的は3つあります。1つ目は、中途社員が一定期間で理解・習得する必要がある業務を一覧化すること。2つ目は中途社員が自身の理解度を記入することで自身の成長や仕事への適応度が可視化され成長への漠然とした不安を解消すること。そし…