キードライバーの「トレードオフスライダー」の作成・運用

LECTURER

株式会社うるる 秋元優喜氏

執行役員兼人事総務部部長

このアクションの目的は…

繁忙期などはどうしても「健康」(業務量、ストレス反応)のスコアが低下する。自分たちの組織にとって、譲れないキードライバーは何かを明確にし、それだけは絶対に低下させないようにすることを目的とする。

このアクションの実践方法は…

アジャイル開発における「トレードオフスライダー」の考え方を使って、組織状態が常に良い状態をキープできるよう、

  • 絶対にスコアをキープするキードライバー
  • 状況によっては下がっても仕方がないが、組織状態への負の影響は低いと考えられるキードライバー

を明確にする。

その後、絶対にスコアをキープすると決めたキードライバーにフォーカスしてスコア推移を注視し、スコア向上の施策を実施する。

当社の場合、第一にキープすべきスコアは、エンゲージメントスコア改善の最初のステップである「人間関係」であると考え、どんなに忙しくても「人間関係」スコアの低下だけは避けるよるようなアクションを継続していく。

実践するときのマネまねPoint

  • 組織メンバー全員が「トレードオフスライダー」を認識すること
    何に注視して、何に力を入れていくかの共通認識を持つことが最も重要だが、キープすべきキードライバー以外も、無視していいわけではないことも共有する。

チームがこんなに成長しました!

2020年1月から実施の施策のため効果はまだ不明。ただし、ずっと高エンゲージメントを出している組織なので、今後業務量の大幅増加が見えるなか、スコアの維持・向上を大いに期待できる。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

使い方は自由。5年に1度の1ヶ月の連続休暇「浮世離れ休暇制度」 

このアクションの目的は… 社員が5年勤務するごとに権利が取得できる1ヶ月の休暇(有給)。自己啓発や趣味など、取得した本人の自由に利用ができる。業務から離れて趣味に没頭する、知識をつけてのレベルアップ、 自分探しをして将来について考えるなど目的は人そ…

ACTION

部門内でエンゲージメントスコアの開示及び対策検討・実行

このアクションの目的は… メンバー同士の信頼関係を高め、補完しあう関係性を強化し、組織としての強さを高める。 このアクションの実践方法は… 一定のエンゲージメントスコアが上がり、信頼関係が醸成されたタイミングと感じた場合は、次のステップとして部門の…

人間関係

管理職で効果的な1on1実施に向けたノウハウ共有の場を作る

このアクションの目的は… 弊社では、管理職が集まる機会を利用し、「1on1」がうまく機能しているかの確認を実施しています。とある時に「うまくいってるで」「時間がいつも足りないくらい」というポジティブな意見が大勢を占める中、「本音が引き出せていない」…

ACTION

「できるためにどうする?」を考えるための思考プロセスの構築

このアクションの目的は… 個々の承認欲求を満たすためには、個々の業務遂行力とその成果を正しく出すこと(自身の達成感獲得による自信の構築)が必要である。 そのために「今はできないこと」を「自力でできるようになる」という成功体験をしてもらうことが目的で…