KAIZENシート記入者へのSlack賞賛

LECTURER

株式会社うるる 秋元優喜氏

執行役員兼人事総務部部長

このアクションの目的は…

チャレンジが称賛される雰囲気を作ること。マーケティング課なので、定量的な結果がでるまでに時間がかかったりとなかなか達成感を感じにくいこともある。日々行っている業務フローや手法の改善について、チャレンジしてくれたことに対して賞賛することで、改善活動における「達成感」を感じてもらう。

このアクションの実践方法は…

課で運営している「KAIZEN(改善)シート」に記載してくれたメンバーに対して、Slsckで内容に関するコメントを含め、賞賛するようにする。エンゲージメント委員は呼びかけだけでなく、まず自分が賞賛を実施する。必ず誰かが賞賛するようにし、メンバーからの賞賛を促す。

実践するときのマネまねPoint

呼びかけだけでは難しいので、推進者を作ること。当社にはエンゲージメント委員が各組織にいるので、委員が様々な組織改善策を率先垂範できるのはよい。

チームがこんなに成長しました!

達成感のスコアは改善したが、やはり業務での結果が見えにくいと持続性は難しい。一方で、結果がでるまでに時間がかかる職種・組織は、アクション目標などを短期的範囲で承認・賞賛していくことが必要とも言える。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

部門内でエンゲージメントスコアの開示及び対策検討・実行

このアクションの目的は… メンバー同士の信頼関係を高め、補完しあう関係性を強化し、組織としての強さを高める。 このアクションの実践方法は… 一定のエンゲージメントスコアが上がり、信頼関係が醸成されたタイミングと感じた場合は、次のステップとして部門の…

ACTION

wevoxスコアを活用した「1on1」

このアクションの目的は… wevoxのチームスコアを共通言語として、メンバーと1on1の目的意識をそろえることで、チームの現状と自身のギャップをどのように埋めていくかを当事者意識をもって考えさせる。また、スコアの項目をもとに定性的な目標や方向性を示…

ACTION

グループのミッションビジョンバリューについて定例でディスカッションの場を設ける

このアクションの目的は… グループ一体感の醸成 ミッション・バリューの浸透 メンバー間の相互理解 事業部内にジャンルが全く異なる複数事業が存在し、縦割り型の組織になっていたため事業部としての一体感・チーム感があまりなかった。そこを改善し、1つのグル…