KAIZENシート記入者へのSlack賞賛

LECTURER

株式会社うるる 秋元優喜氏

執行役員兼人事総務部部長

このアクションの目的は…

チャレンジが称賛される雰囲気を作ること。マーケティング課なので、定量的な結果がでるまでに時間がかかったりとなかなか達成感を感じにくいこともある。日々行っている業務フローや手法の改善について、チャレンジしてくれたことに対して賞賛することで、改善活動における「達成感」を感じてもらう。

このアクションの実践方法は…

課で運営している「KAIZEN(改善)シート」に記載してくれたメンバーに対して、Slsckで内容に関するコメントを含め、賞賛するようにする。エンゲージメント委員は呼びかけだけでなく、まず自分が賞賛を実施する。必ず誰かが賞賛するようにし、メンバーからの賞賛を促す。

実践するときのマネまねPoint

呼びかけだけでは難しいので、推進者を作ること。当社にはエンゲージメント委員が各組織にいるので、委員が様々な組織改善策を率先垂範できるのはよい。

チームがこんなに成長しました!

達成感のスコアは改善したが、やはり業務での結果が見えにくいと持続性は難しい。一方で、結果がでるまでに時間がかかる職種・組織は、アクション目標などを短期的範囲で承認・賞賛していくことが必要とも言える。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

採用からの申し送りで、採用時と入社時のギャップをなくす

このアクションの目的は… もったいない離職を防ぐことです。3年3割と言われる離職率。最近では、大企業であっても1年以内に離職する新卒社員が増えています。 せっかく苦労して採用した新人の早期離職を防ぐために、採用と現場の連携を行います。 このアクショ…

ACTION

給与への納得感を考える上で大事な「2つの報酬」の考え方

評価への納得 給与への納得感にはまず何よりも「評価への納得」が大事です。ここがおろそかになっていては給与への納得感はどうやっても生まれません。 また、市場価値だけを判断材料にして給与への納得を生み出すのは難しいです。あくまで「サイバーエージェント内…

ACTION

相互理解を深める「価値観ワークショップ」

概要 私のチームでは、相互理解をより促進するためにそれぞれのメンバーが大切にしていることを共有し合う「価値観ワークショップ」を実施しました。 始めたきっかけ・背景 メニューデザイン研究所では飲食店のメニューデザインを専門に、コンサルティングから実際…