“他己紹介”で社内の相互理解を進める

LECTURER

株式会社アトラエ 内山七海氏

wevoxチーム カスタマーサクセス

このアクションの目的は…

  • 社内のメンバーがお互いを知り、理解を深めること。

このアクションの実践方法は…

参加メンバーの中で、自分を紹介してくれる人と自分が紹介する人をそれぞれ決め、プレゼン当日までにお互いについて知る場を作る。その後、メンバーの前でプレゼンテーションを行う。

実践するときのマネまねPoint

みんなが知っているその人の特徴ではなく、なるべく初めて知る一面を探り出すことです。また、自分が紹介してもらう時には自分自身について振り返り、エピソードを交えながら伝えてあげるとより紹介しやすくなります。加えて、紹介してくれる人と、自分が紹介する人は別の方が、より多くの人とコミュニケーションを取るきっかけになります。

例)

  • 幼少期について
  • 趣味について
  • 隠れた偏愛について
  • 誰にも言ってない秘密 など

チームがこんなに成長しました!

自己開示をし、相手に知ってもらうという機会を取ることで相互理解に繋がります。 また、部署やチームを跨いだとしてもできる内容のため、横断的な施策としても効果的です。 特に新しいメンバーが増えた時におすすめです。

ABOUT COMPANY企業情報

株式会社アトラエ

主な事業: 求人メディア『Green』の企画・開発・運営、ビジネスマッチングアプリ『yenta』の企画・開発・運営、組織改善プラットフォーム『wevox』の企画・開発・運営
設立年月日: 2003年10月24日

OTHER STORY のインタビュー

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

チームのWayを作り、"自発的に助け合える/承認しあえるチーム"へ成長する

このアクションの目的は… 創業初期からあった全社(グロービス)Wayを自分事化することに加え、メンバー全員が、チームの運営や組織づくり、自身の成長に積極的に取り組めるような下地を作ることと、作ったWayに基づき、継続的な相互承認を行い、心理的安全性…

ACTION

ATPF(アトラエ的プレミアムフライデー)〜「ガチンコの対話」をする月1の全社会議〜

このアクションの目的は… 全社員が集まり、共通のトピックについて「対話」を通じてコミュニケーションを取ることで、全社での「なぜ、自分達はここにいるのか?」に関しての目線合わせや、自分が大事にしていきたい再確認、文化の醸成、強化、並びに相互理解の促進…

ACTION

学びと気づきの宝庫!「たまに」「重ため」なヒトカラ流の日報

このアクションの目的は… オフィス移転や施設運営に関わる複数の事業部があるヒトカラメディア。社内では常時100~150ものプロジェクトが同時進行しています。日中は外出するメンバーが多く、実は全員が顔を合わせる機会はなかなかありません。どんなプロジェ…

ACTION

「できるためにどうする?」を考えるための思考プロセスの構築

このアクションの目的は… 個々の承認欲求を満たすためには、個々の業務遂行力とその成果を正しく出すこと(自身の達成感獲得による自信の構築)が必要である。 そのために「今はできないこと」を「自力でできるようになる」という成功体験をしてもらうことが目的で…