各メンバーの必達目標を共有する【Monthly Must-One】

LECTURER

株式会社アトラエ 清水謙氏

wevox カスタマーサクセス

このアクションの目的は…

各メンバーの業務分野や日頃の職務内容に被りが多くないチームで、向かっている目標やその背景をお互いに理解したり(相互理解の促進)、本来あって良いはずの成功時のチームからの称賛を損なわないようにするため(達成感の増強)。

このアクションの実践方法は…

各メンバーが今月絶対に達成させたい目標【Must-One】を決め、月次で行うMust-One共有会にて、前月の目標達成状況と、次月の目標を共有しあう。 共有会では、メンバー毎に前月の目標を達成出来たかどうかと、そこから得た学びを共有する。 もし達成した場合には、そのメンバーを祝福し、達成を共に喜ぶ。これを毎月の習慣として繰り返す。

実践するときのマネまねPoint

①目標設定のポイント
  • 本当に達成したいと思える目標を設定する
  • 少しでもストレッチポイントが含まれている目標にする
  • 目標達成の定義を明確にしておく

(※進める中での修正もOK。常に達成可能かつ意欲のある目標にしておく)

②チームでの目標共有のポイント
  • 振り返りやすいように、月次で共有用シートを作成し、文字で残しておく

共有用シート

  • なぜこの目標を設定したのか」と「ストレッチポイント」も記載しておく

「なぜこの目標を設定したのか」と「ストレッチポイント」も共有シートに。

チームがこんなに成長しました!

  • メンバーがそれぞれどんなことにチャレンジしているのかを共有でき、必要に応じてサポートし合える。
  • 表面的な業務内容の理解や日常の会話だけではなかなか分からない、どんな想いで働いている(業務に取り組んでいるのか)の相互理解ができる。
  • 達成した際には必ず祝福してくれるので、称賛のタイミングが少ない長期PJに取り組む人や、数字等で成果の見えづらいチームでも達成感を得やすく意欲が上がる。
  • 共有会が必ずあるため、各メンバーに目標設定と振り返りの癖がつく。

ABOUT COMPANY企業情報

株式会社アトラエ

主な事業: 求人メディア『Green』の企画・開発・運営、ビジネスマッチングアプリ『yenta』の企画・開発・運営、組織改善プラットフォーム『wevox』の企画・開発・運営
設立年月日: 2003年10月24日

OTHER STORY のインタビュー

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

会社の方針は「全体発表と個別の食事会」のセットで伝える

概要 会社の方針は「全体と個別」をセットで伝えることでより納得感が増します。 サイバーエージェントでは、半期に一度、全社員が集まるグループ総会の場で、会社の大きな方針が代表の藤田からで発表されます。最近だと「平成ラストスパート」というコンセプトで、…

ACTION

評価への納得を生み出す「月イチ面談」と面談力向上ワークショップ

概要 評価への納得感を考えた時に一番あってはいけないのが、当人の「びっくり」が起きることです。「びっくり」にも色々あって、部下からすれば「もっと評価が高いと思っていた」上司からすれば「いきなり退職と言われた」など様々な立場の人にとっての驚きを指しま…

ACTION

wevox values cardを活用した内定式ーー1日で芽生えた「はじめまして」な内定者の仲間意識

概要 2019年11月20日に行われたホワイトプラスの20卒内定式。内定式の前に「wevox values card」を使ったワークショップを行いました。 流れとしては、チェックインや人事からの会社説明を行なった後に、内定者6名で「人生の中で大切に…

ACTION

各種ツールを活用した中途入社社員早期定着化の仕掛け

このアクションの目的は… メンバーの特性を多面的に可視化し、相互理解のスピードを速める。 このアクションの実践方法は… 各種ツールを活用し、新しく入社したメンバーについて多面的な理解をする機会を設けることで、組織への早期定着化を図る取り組みを行って…