異なる職種の部下のマネジメントにおいて意識している3つのポイント

LECTURER

株式会社ストアフロント(インタースペース子会社)
R&Dグループ サブマネージャー 吉田昇氏

出版社で月刊誌・Webメディアの編集者として勤務。大手IT企業やスタートアップでWebディレクターとして事業開発・メディア運営に携わる。2018年当社に入社し、ストアフロントの新規事業開発におけるプロダクトマネージャーおよび経営企画、広報・採用領域を担当している。

このアクションの目的は…

チームメンバー同士が自身と異なる職種(エンジニア職、デザイナー職、ディレクター職)であったため、チームを1つにまとめるために「①世界観をふまえて仕事の依頼をする」「②依頼する仕事に納得感を持たせる」「③発言する立場を明確にする」を意識している。

このアクションの実践方法は…

①世界観をふまえて仕事の依頼をする

・職種ごとの世界観を理解する。
(職種としてどういう仕事をするのか・どういう志向なのか)
・部下のパーソナルな特性を知る。
(個人としてどういう仕事をするのか・どういう志向なのか)
上記2点を汲んだうえでディレクションをする。

②依頼する仕事に納得感を持たせる

・仕事を依頼する際は、メンバーがどれだけその仕事に納得度を持てているかを必ず確認する。
・納得感が低いと感じたら、本人が納得感を持てるまでその仕事の意義を説明する。

③発言する立場を明確にする

・メンバーに依頼や会話をする際は頭に「マネージャーとして」「人生の先輩として」などの前置きを入れ、発言の立場を明確にすることで、自身のポジショントークではなくビジネス上の役割として会話をする。

実践するときのマネまねPoint

・「職種が違うからわからない」ではなく、まずは相手に興味・関心・理解を示す姿勢を持つ。

・メンバーにとって納得度の低い仕事はやらされ感が生まれ疲弊する原因になるので、できるだけ作らないようにする。納得していなさそうであれば、とことん納得してもらえるまで対話する(簡単にあきらめない)姿勢も重要。

・業務上のトラブルなどネガティブな事象はなるべく早めに報告してもらえる関係を築く。

・「プロジェクトマネージャーとして」「人生の先輩として」「個人的な好みの話をしますね」「責任者として言うので呑んでください」など、自身の発言がどの役割での伝達なのかを常に俯瞰してみる。

チームがこんなに成長しました!

・チームメンバーの職種が異なっても、職種の壁を超えて相互理解・相互尊重・相互信頼が深まり、チームがまとまる。
・メンバーのやらされ感が減り、納得度を持って仕事に取り組める。
・仕事上の役割としてのマネージャーを明確にしているので、仮に上司部下の立場が逆転しても問題ないコミュニケーションができる。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

会社の方針は「全体発表と個別の食事会」のセットで伝える

概要 会社の方針は「全体と個別」をセットで伝えることでより納得感が増します。 サイバーエージェントでは、半期に一度、全社員が集まるグループ総会の場で、会社の大きな方針が代表の藤田からで発表されます。最近だと「平成ラストスパート」というコンセプトで、…

ACTION

社内ヘッドハンター、キャリアチャレンジ制度、FA制度

概要 サイバーエージェントでは、チャレンジをしたい人に多くの機会を提供するためにキャリア機会の提供を目的とした制度を複数取り入れています。 1つ目が、社内ヘッドハンター制度。 これは、どこの部署にも属さない社内専門のヘッドハンターがおり、フラットな…

職務上の支援

成長フェーズに合わせて、サポートする範囲を伝える

仕事でサポートしたほうがいい範囲は、その人の成長フェーズによって変わるものです。 僕は「やってみせるフェーズ」「やり方を支援するフェーズ」「まかせるフェーズ」と、3つにわけて、今相手がどのフェーズにいるのかを見極め、サポートするレベルを変えています…