課のメンバー同士全員でランチに行く

LECTURER

株式会社うるる 秋元優喜氏

執行役員兼人事総務部部長

このアクションの目的は…

  • みんなでランチに行くことで、ざっくばらんに「なぜ達成感を感じられないのか?」また、業務上の悩みや困っていることを話し合える機会を設けること。忙しい部署であり、メンバー同士で悩みや困っていることの話をすることが難しかったため、ランチの日を決めて実施。

このアクションの実践方法は…

その課のエンゲージメント委員が音頭を取り、いつメンバー全員でランチに行くかを決める。ランチでは、「なぜ達成感を感じられないのか?」などテーマを事前に決めておいて、全員が同じテーマに基づいた会話ができるようにし、気付きを得られやすいようにする。

実践するときのマネまねPoint

忙しい組織なので、頻度は月2回くらいがよい。また、事前にこういったテーマについて話しましょうとテーマを決めておくことで、ただの世間話ではなく、身のある会話ができる。ただし、あくまでランチなので、リラックスしてざっくばらんに話ができるようにファシリテートする担当が必要

チームがこんなに成長しました!

特に新人さんは目標達成そのものができているかどうかで達成感を評価してしまうところがあったため、困っていることや悩んでいることをメンバーに話すことができる機会が生まれたことによって、気持ちに余裕ができた。さらに、先輩たちが新人だった時の話も聞くことによって、単なる目標達成だけでなく、一つ一つの仕事自体に対してできるようになったことでの達成感もポジティブに捉えることができるようになり、スコアが向上した

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

異なる職種の部下のマネジメントにおいて意識している3つのポイント

このアクションの目的は… チームメンバー同士が自身と異なる職種(エンジニア職、デザイナー職、ディレクター職)であったため、チームを1つにまとめるために「①世界観をふまえて仕事の依頼をする」「②依頼する仕事に納得感を持たせる」「③発言する立場を明確に…

ACTION

メンバーのエンゲージメントを高める「傾聴」

このアクションの目的は… メンバーのエンゲージメントが高いということは、生産的な行動や、倫理観ある行動と、強く相関しているとされています。 そこで管理職としてアプローチできることとして、まず定期面談や目標設定面談、そして日々の業務での会話において&…

ACTION

学びと気づきの宝庫!「たまに」「重ため」なヒトカラ流の日報

このアクションの目的は… オフィス移転や施設運営に関わる複数の事業部があるヒトカラメディア。社内では常時100~150ものプロジェクトが同時進行しています。日中は外出するメンバーが多く、実は全員が顔を合わせる機会はなかなかありません。どんなプロジェ…