管理職で効果的な1on1実施に向けたノウハウ共有の場を作る

LECTURER

株式会社福井 代表取締役 福井基成氏

大手タイヤメーカー勤務を経て、2006年株式会社福井に入社。入社後は、営業として新規取引先開拓を推進する一方、物流センター新設プロジェクトや採用活動など内部業務にも幅広く携わる。現在は代表取締役として、社員の力の最大化と、働きやすい職場環境構築に日々奮闘中。

このアクションの目的は…

弊社では、管理職が集まる機会を利用し、「1on1」がうまく機能しているかの確認を実施しています。とある時に「うまくいってるで」「時間がいつも足りないくらい」というポジティブな意見が大勢を占める中、「本音が引き出せていない」という管理職が1名いました。そこで、これに対して管理職全員で対策を考えてみました。

このアクションの実践方法は…

「本音を引き出せていない」と悩む管理職は、1on1自体をスキップしてしまうことがあったようなので、まずは定期的な開催をマストで実行するようにアドバイスしました。次に上手くいっていると感じる管理職から状況を発表してもらいました。そして、最後の「心理的安全性」に関するコラムを皆で読み合わせするようにしました。 読み合わせをしたコラムがやや難解だったため、最後に私から補足のコメントをしました。内容としては、腹を割って話をするには「これを言ったら怒られるのでは?」みたいな壁を取り除いていこうという話をしました。

実践するときのマネまねPoint

今回分かったことは、1on1に難が出た場合、管理職はメンバーの無気力や意識の低さに原因を求めることもあることが分かりました。もちろんそれも一つの要因でありますが、聞く側すなわち管理職側でも出来ることがあることが分かりました。このように共有の場を通して、効果的な1on1に向けたオリエンテーションの重要性を理解しました。

チームがこんなに成長しました!

引き続きこれらの動きを実施しながら、これからどうなるか経過を観察していきます。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

仕事仲間との関係

シャッフルランチのメンバー構成に工夫を凝らし、共通の話題でお互いの交流を図る

ホワイトプラスでは、部署が違う人達との交流を目的にしたランチ会「シャッフルランチ」を定期的に行なっています。ランチタイムに実施しているのは、夜の飲み会には参加できない時短社員とも交流が図れるようにするためです。 人事がメンバー構成を決め、部署がバラ…