偏愛LT大会〜仕事に関係なく、自分が変態的に愛するものを話す会〜

LECTURER

株式会社アトラエ 川本周氏

wevoxチーム セールス

このアクションの目的は…

  • なかなか難しい「自己開示」を簡単に実施できるようにする「きっかけ」の場。
  • メンバーが「自分の人となり」を表現し、相互の「個」を理解する場づくり。

このアクションの実践方法は…

  • 過去の自分の人生(仕事とプライベート問わず)における「めちゃめちゃ愛しているモノ(趣味など)」をトークテーマとして一人あたり5~15分程度でのライトニングトーク会。
  • 発表形式は自由(動画、スライド、実演、なんでもあり)。
  • 登壇者は事業部問わず全社的に任意で参加の募集(登壇者以外も当日聴講者として会への参加可能)。

実践するときのマネまねPoint

  • 「話しやすい」雰囲気を作るために、最初からお酒を入れて乾杯する。
  • ワクワク感を醸成するために、プレゼン順番はランダム(実際にルーレットの様子を画面に投影)。
  • 面白い「偏愛」を持っている人には運営側が逆オファー。
  • 実際のモノの画像や動画をスライドに投影することで、よりイメージがリアルとなり、非常に盛り上がる。
  • プレゼンを皮切りとした「コミュニケーション」が肝なので、プレゼン終了後の質問タイムや会終わりの交流会などはうまく場を作る(プレゼン中のツッコミなども大歓迎)。

チームがこんなに成長しました!

  • 「業務上の役割」だけではない「人となり」や「個性」「価値観」を知るきっかけとなり、相互理解が深まる。
  • かっちりした「ビジネストーク」ではなく、本当に正解がない「各個人の愛するもの」を聞くことで、よりお互いの距離が縮まり、信頼関係の構築につながった。
  • 他者が発表する「偏愛」から意外な共通点の発見が多数あり、その後の継続的なコミュニケーションのきっかけとなり、社内のコミュニケーションの活性化につながった。

ABOUT COMPANY企業情報

株式会社アトラエ

主な事業: 求人メディア『Green』の企画・開発・運営、ビジネスマッチングアプリ『yenta』の企画・開発・運営、組織改善プラットフォーム『wevox』の企画・開発・運営
設立年月日: 2003年10月24日

OTHER STORY のインタビュー

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

在宅でも寂しくない!コミュニケーションを促進するオンラインシャッフルランチ

対面で話す機会が減るテレワーク環境下で、組織内のコミュニケーションが停滞する会社が多いと思います。テレワークでは、オフィスワークと違ってテキスト上の業務に関するコミュニケーションばかりで、寂しさを覚える社員も多いはず。アル株式会社では、業務外コミュ…

ACTION

【1on1】事前にお互いのアジェンダを共有した上で進める

実施ポイント 私は月に1回、1時間程度、メンバー全員との1on1を定期的に行っています。目的は双方向のコミュニケーション。ですので、毎回、事前にお互いがどういう話をするか、共有した上で1on1をスタートさせています。 事前に双方のアジェンダを共有す…

ACTION

ひとりひとりの”いいアクション”を全社シェア!個々の仕事ぶりにスポットライトを当てる仕掛け

このアクションの目的は… ヒトカラメディアでは、常時100〜150のプロジェクトが同時進行しています。メンバーが全プロジェクトについて把握することが難しく、そこにはひとりひとりの工夫や想い、良いアクションがあるはずなのに、数が多すぎて埋もれてしまう…