“明日からできる”メンバーの価値観をインタビュー

LECTURER

株式会社アドバンテッジリスクマネジメント 菊田卓氏

ミドルマーケット開発部 部長

このアクションの目的は…

エンゲージメントを上げるために、メンバーの承認、達成感ポイントを理解し、 日頃のフィードバックに活かす。

このアクションの実践方法は…

人によって、承認されたと感じるポイントや達成感を感じるポイントが異なります。 メンバーによって異なるポイントを理解し、日々のコミュニケーションや業務のアサインを最適化するとエンゲージメントや生産性が上がります。

■順序

  • 1on1でインタビューの時間を確保する。
  • メンバーに趣旨を伝える。

※例:「一緒に働く仲間の価値観を理解したいから、少し時間良いかな。」(相手が構えないトーンで)

  • インタビューを実施する。

※質問例(学生時代の場合)「学生時代どんな専攻だったかな?」「それってどんな理由で専攻したのかな?」「ちなみにどんな学生生活だったかな?」

(新社会人の場合)「最初に就活をするときってどんなポイントで会社を探したかな?」

(現在の場合)「今の会社ってどんな動機で入社したのかな?」「この会社でどんな成長をしていきたいって当初考えていたかな?」「どんな時に仕事で頑張りたいって感じることが多いかな?」「またどんな時に仕事で頑張れないなって感じることが多いかな?」

  • インタビュー内容をメモで残し、二人のコミュニケーション履歴を残す場に掲示しいつでも見れるようにする。
  • 日頃のコミュニケーションやアサイン、フィードバックにて相手が話してくれた大切な価値観・キーワードを多用する。

実践するときのマネまねPoint

  • 自分の話は0でもよく、相手の話を聞くことに徹する。
  • 相手が繰り返している言葉や力が入った言葉を大切なキーワードとしてメモに残し、日頃のフィードバックに活かす。
  • 社会人履歴については、年齢や転職数によっては、全部聞く必要はなく、本人が話したい範囲で構いません。
  • 望ましくは期初の段階で話を聞く。

チームがこんなに成長しました!

  • wevoxの変化(約1年間)

成果に対する承認 57→89 (32Pアップ)

達成感      64→82 (28Pアップ)

※ほかの施策の影響もありますが、上記数字の変化に貢献した施策になります。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

社員が自分の人生・成功/失敗体験をさらけだす「情熱コミュニティー」

このアクションの目的は… ・メンバー間(特にリーダーとメンバー)の相互理解を深める ・経験豊富なリーダーが自らの失敗談や純粋に仕事のやりがいを感じたエピソードを語ることで仕事へのやりがいを高める ・メンバーの入社前のエピソードや経験を聞くことで経験…

ACTION

「小さな承認活動」による認め合える組織への進化

このアクションの目的は… リモートワークやフリーアドレスなどが進むオフィス環境でも、相互に理解しあい承認しあえる 組織に進化させることが目的。 このアクションの実践方法は… チーム発足当時、相互承認のスコアに課題がありました。そこで、「お互い承認を…

ACTION

「無意味なグレーゾーンを作らない」新卒OJT!

このアクションの目的は… ・心理的安全性を担保するために「不安になる要素」を作らない。 ・自発的なアクションができる環境をメンターやチームメンバーが用意する。 このアクションの実践方法は… ①業務を任せるときに「目的・背景」をしっかり伝えた上で、優…

上司との関係

1on1で会話の最後に「ほかに何かない?」と聞いて、悩みを引き出す

チームリーダーになって初めの頃、1on1をやるときはメンバーの年齢や社歴に応じて臨機応変に対応していたつもりでしたが、なかなかうまく意見をキャッチアップできませんでした。今から思えば、心に響く1on1になっていなかった、ということでしょう。そこで、…

ACTION

【1on1】入社間もないメンバーが多いチームでは、困りごとを中心に会話する

実施ポイント 入社間もないメンバーが多い場合、困りごとを中心に 私は月に1回、1時間程度の1on1を全メンバーと行っています。目的は「マネージャーが日々の業務の中でチームメンバーの活動や育成を支援することで、一人ひとりが気分良く働ける環境を創り上げ…