プロダクトの改善施策や新機能のリリース情報をコーポレートブログで発信!

LECTURER

株式会社うるる 秋元優喜氏

執行役員 兼 人事総務部部長

このアクションの目的は…

・事業部としてどういったプロダクト改善や新機能のリリースを行っているか他部署メンバー知ってもらうこと
・定量的な成果が見えにくい事業部のメンバーに対して承認と賞賛の機会を作ること

このアクションの実践方法は…

1.当該事業部のエンゲージメント委員(デザイナーの女性)がその月に行ったプロダクトの改善施策や、新機能のリリース情報などをブログに書く。
2.事業部メンバーからブログ下書きに対して意見・指摘・修正希望をもらう。
3.ブログ原稿内容がまとまったら、広報担当役員に最終チェックをしてもらう。
4.ブログに公開! (※2019年4月からはnoteでも発信)

実際の公開画面

実践するときのマネまねPoint

・読んでもらいやすいように中身は割と簡潔に書くこと。
・ただの社内広報にとどまらせない工夫として、社内チャットでの展開ではなく、コーポレートブログ、noteを活用して社外にも展開。結果、社外の方からのリアクションも期待でき、採用広報につながる。

チームがこんなに成長しました!

・ブログ担当者が自主的に動いてくれた(エンゲージメント委員である本人からのアイディア提案で実施することになったため、積極的に動いてくれた)。
・事業部のメンバーが何をやっているのかがわかるようになった(他部署メンバーの理解促進)。
・事業部メンバーに対して、承認・賞賛する機会が増えた。また、他部署からのアドバイスももらえるようになった。
・他部署からも真似をしたいという声があがるようになった。
・社外の方にも、現場のリアルを伝えやすくなった。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

異なる職種の部下のマネジメントにおいて意識している3つのポイント

このアクションの目的は… チームメンバー同士が自身と異なる職種(エンジニア職、デザイナー職、ディレクター職)であったため、チームを1つにまとめるために「①世界観をふまえて仕事の依頼をする」「②依頼する仕事に納得感を持たせる」「③発言する立場を明確に…