エンジニア表彰制度の立案と実行

LECTURER

株式会社うるる 秋元優喜氏

執行役員 兼 人事総務部部長

このアクションの目的は…

・定量的な結果が見えにくいエンジニアに対して賞賛の機会を作ること
・エンジニア以外のメンバーがエンジニアが何をがんばっているか知る機会を作ること

このアクションの実践方法は…

1.毎月、各事業部長が、開発チームの「成果」を社長に報告(アピール)する。
2.各事業部長からあがってきた報告(アピール)の中から、社長が月間MVE(Most Valuable Engineer-Team)を決定する。
3.毎月第1月曜日の朝に実施している全体朝礼で 、社長が月間MVEの発表と表彰を行う。

実践するときのマネまねPoint

・各事業部長によるアピールは、内容が非エンジニアでもわかるようなものにすること。
一ヶ月間の活動内容ならば何でもOK!(技術的な内容である必要はない)

<例>
・こんな機能を作ってくれたから顧客が喜んでくれた
・緊急事態で即座に対応してくれた
・ビジネスサイドからの要求をうまくまとめてくれた

チームがこんなに成長しました!

・全体朝礼でエンジニアも表彰される機会ができたことで、定量的な結果が見えにくいマーケティング職やカスタマーサポート職への表彰も考えた方がよいのではないかという機運が生まれた。
エンジニアが何をがんばっているかを会社全体でわかるようになった。
エンジニアがやっていることで難易度が高いものは何なのかなども理解が進んだ。
・一方、新規機能開発や大きな修繕などがなく、保守・運用が続いているプロダクトの場合、表彰されるタイミングが限定的になってしまうという課題が残った。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

社内ヘッドハンター、キャリアチャレンジ制度、FA制度

概要 サイバーエージェントでは、チャレンジをしたい人に多くの機会を提供するためにキャリア機会の提供を目的とした制度を複数取り入れています。 1つ目が、社内ヘッドハンター制度。 これは、どこの部署にも属さない社内専門のヘッドハンターがおり、フラットな…

ACTION

メンバーのエンゲージメントを高める「傾聴」

このアクションの目的は… メンバーのエンゲージメントが高いということは、生産的な行動や、倫理観ある行動と、強く相関しているとされています。 そこで管理職としてアプローチできることとして、まず定期面談や目標設定面談、そして日々の業務での会話において&…

ACTION

自部署を他部署に知ってもらうべく「社内LTイベント」を活用する

このアクションの目的は… ・新規事業である自部署のことを他部署にも知ってもらい、まずは他部署メンバーに興味関心を持ってもらうこと ・興味関心を持ってもらった上で、顧客紹介など次のアクションに繋げること このアクションの実践方法は… 1.新規事業(え…

ACTION

新卒1,2年目のスタッフが自社のエヴァンジェリスト(伝道師)に

このアクションの目的は… 新卒1,2年目スタッフの成長支援 スタッフが自分のキャリアや自社で働く意義、魅力を考え、発信する機会の提供 ※採用活動においては、「当社と採用する学生の間のミスマッチ低減」という効果も このアクションの実践方法は… 新卒採…