社員が自分の人生・成功/失敗体験をさらけだす「情熱コミュニティー」

LECTURER

株式会社グロービス 法人研修部門ディレクター 福田亮氏

慶応義塾大学経済学部卒業。コロンビア大学シニア・エグゼクティブ・プログラム(CSEP)修了。総合化学会社での機能性素材の開発営業、クライアント企業との東南アジアにおける合弁事業の設立、新興企業の経営支援・人材育成に携わる会社設立・立ち上げに従事。現在は法人研修部門ディレクター・大阪法人部門責任者として人材育成に関するコンサルティング、プログラムコーディネーター、講師など、企業内の人材育成全般に携わっている。

このアクションの目的は…

メンバー間(特にリーダーとメンバー)の相互理解を深める

・経験豊富なリーダーが自らの失敗談や純粋に仕事のやりがいを感じたエピソードを語ることで仕事へのやりがいを高める

・メンバーの入社前のエピソードや経験を聞くことで経験の浅い社員への理解や尊敬の念を高める

・語り手の皆が、色々な葛藤や挑戦・失敗を乗り越えて今があることを理解することでチャレンジする風土を醸成する

このアクションの実践方法は…

本施策を始めたきっかけは、「今の仕事に如何に情熱を持って取り組めるのか?」を皆で理解を深めたいと思ったこと。ネーミングの由来にもなっている。

月1回程度の定期開催でスピーカーは経営層・リーダー層・若手層を交互に実施する。話し手が話すのは、ライフラインチャートを基に自分の生き方に影響を及ぼしたエピソード、入社してからの葛藤やそれを乗り越えた経験・エピソードなどで、90分程度で語ってもらう。

その後は飲み会の場を設定し、感じたことを分かち合ったり、更に聞きたいこと、発表の場では言えなかった裏話、本音トークなどを語り合う。この活動への参加は自由、飲み会からの参加も可能としている。

実践するときのマネまねPoint

・話し手に自己開示をしたもらうことが目的のため、内容や構成は話し手本人が話したいことを話してもらうことを大切にしている。

・話し手の説明の後は質疑ではなく純粋に感じたことを共に分かち合うようにすることで、聞き手も自己開示がしやすくなる。

・終了後に飲み会の場をセットしておくことで、各自がもっと聞きたいこと、話し手が実は話したかった事が吐露されるので相互理解を更に深めることができる。

・動画でアーカイブ化していくと、参加できなかった人が見る機会、チーム単位で対話をする題材として継続的に活用される。

チームがこんなに成長しました!

・現在は毎回の参加者が30~40名規模(組織の3割)に拡大している。普段仕事では垣間見えない、仕事に対する想いを聞くことができることが相互信頼を高めてくれている。

・話し手にとっても自分自身を語る機会を得ることで、自己理解を深めると同時に自己開示をしても周囲は受け入れてくれるという安心感を得ている。

・拠点などで「情熱コミュニティー」のスピンアウト企画などが勝手に開催されており、チームビルディングの際に自己理解や自分のストーリーを語ることは欠かせないアプローチとなっている。

・組織の経営層、リーダー層が押しつけではない昔の話・体験談を話すようになり、成果以外の仕事のやりがいが何かを理解する一助になっている。

ABOUT COMPANY企業情報

株式会社グロービス

主な事業:グロービス・マネジメント・スクール、グロービス・エグゼクティブ・スクール
グロービス・コーポレート・エデュケーション、出版 / 電子出版、GLOBIS知見録、GLOBIS Insights
設立年月日:1992年8月
従業員数:529人

OTHER STORY のインタビュー

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

異なる職種の部下のマネジメントにおいて意識している3つのポイント

このアクションの目的は… チームメンバー同士が自身と異なる職種(エンジニア職、デザイナー職、ディレクター職)であったため、チームを1つにまとめるために「①世界観をふまえて仕事の依頼をする」「②依頼する仕事に納得感を持たせる」「③発言する立場を明確に…

ACTION

グループのミッションビジョンバリューについて定例でディスカッションの場を設ける

このアクションの目的は… グループ一体感の醸成 ミッション・バリューの浸透 メンバー間の相互理解 事業部内にジャンルが全く異なる複数事業が存在し、縦割り型の組織になっていたため事業部としての一体感・チーム感があまりなかった。そこを改善し、1つのグル…