入社後すぐに休暇を与える「ウェルカム休暇制度」

・入社間もない社員のフォローに悩んでいる

LECTURER

GMOペパボ株式会社 リクルーター 貝瀬美奈子氏

人材紹介会社で営業、キャリアアドバイザーを経て、ソーシャルゲーム会社では人材事業を立ち上げた後、採用担当に従事。2011年にペパボ入社後、労務を中心とした給与計算や手続き、制度周りやシステム導入行いつつ、サブマネージャーとして中途採用周りも兼任。現在はシニアリクルーターとして、エンジニア採用と福岡の採用を中心に、イベントやプロジェクト企画などをおこなう。

概要

弊社では201812月より新たに、入社してすぐに特別休暇を与える「ウェルカム休暇制度」を取り入れています。これは、入社したその日に付与されるもので、3日間の休暇を入社から半年間の間に任意のタイミングで利用できるというものです。新卒、中途に関わらず、全ての新しく入るパートナーに付与されます。(アルバイトは除く)

始めたきっかけ・背景

きっかけは、wevoxでのアンケートに書かれていた意見です。従来は、入社してから有給休暇が付与されるまで半年間という期間がありました。しかし、その半年の間で例えば体調を崩したときや、諸事情で会社を休みたいときにどうすればいいのか、という意見があったのです。

こうした悩みを解決するために、ウェルカム休暇制度の導入を決めました。

実施ポイント

上記の悩みを解決するために、ウェルカム休暇制度以外にもいくつかの制度を検討していました。最終的にこの制度にした理由は、誰に対しても平等に与えられる、という点でした。ある特定の人、チームだけにいい効果を及ぼす制度では、不平感が出てしまい逆効果です。それから、誰でも使いやすい制度か、という点も考慮しました。こうしたことを踏まえ、誰にもデメリットはないだろう、という判断で導入を決めています。

3日間にした理由は、ウェルカム休暇の制度を作る際、中途で入社されたパートナーから、市役所等での手続きや体調不良の際に有給があると安心できるという声がありましたので、人事内で「それなら3日程度が妥当ではないか」という判断をいたしました。

効果、成果

実際に、休暇を利用する人は多いです。体調不良だけでなく、時間指定をできない大型の荷物の受け取りなど生活面のサポートにも寄与しているようです。

wevox上も、ポジティブなコメントをいくつかいただきました。

また、休暇を利用する本人だけでなく、同じチームのパートナーの安心感にもつながっているようで「フォローしやすくなった」という意見もいただいています。

ABOUT COMPANY企業情報

GMOペパボ株式会社

主な事業: ホスティング事業、EC支援事業、ハンドメイド事業、コミュニティ事業
設立年月日: 2003年1月10日
従業員数: 単独 304名、連結 327名(2019年12月末時点)

OTHER STORY のインタビュー

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

相互理解を深める「価値観ワークショップ」

概要 私のチームでは、相互理解をより促進するためにそれぞれのメンバーが大切にしていることを共有し合う「価値観ワークショップ」を実施しました。 始めたきっかけ・背景 メニューデザイン研究所では飲食店のメニューデザインを専門に、コンサルティングから実際…

ACTION

地方型サテライトオフィスの風土改善とコミュニケーションの活性化

このアクションの目的は… 80名規模のサテライトオフィス(新潟)にて、本社(東京)との連携強化やオフィスの風土改善のために実施。 具体的にはメンバー間のコミュニケーション活性化やメンバーの自主性を醸成する各種改善施策を行い、地方でも働きやすい環境の…

ACTION

会社の方針は「全体発表と個別の食事会」のセットで伝える

概要 会社の方針は「全体と個別」をセットで伝えることでより納得感が増します。 サイバーエージェントでは、半期に一度、全社員が集まるグループ総会の場で、会社の大きな方針が代表の藤田からで発表されます。最近だと「平成ラストスパート」というコンセプトで、…

ACTION

全員の顔が見える場所で仕事をする「座席配置」と「フリーアドレス」

このアクションの目的は… メンバー同士が協力し合える関係性の構築 メンバー同士のつながりを強化し、帰属意識を醸成すること 働き方の自由度が少しずつ増す状況でも「行きたい」と思えるオフィスを創ること このアクションの実践方法は… オフィス創りの際に、…

ACTION

「できるためにどうする?」を考えるための思考プロセスの構築

このアクションの目的は… 個々の承認欲求を満たすためには、個々の業務遂行力とその成果を正しく出すこと(自身の達成感獲得による自信の構築)が必要である。 そのために「今はできないこと」を「自力でできるようになる」という成功体験をしてもらうことが目的で…

ACTION

在宅でも寂しくない!コミュニケーションを促進するオンラインシャッフルランチ

対面で話す機会が減るテレワーク環境下で、組織内のコミュニケーションが停滞する会社が多いと思います。テレワークでは、オフィスワークと違ってテキスト上の業務に関するコミュニケーションばかりで、寂しさを覚える社員も多いはず。アル株式会社では、業務外コミュ…