バディ制度で助け合いや刺激を生む

・メンバー間の支援を増やしたい
・メンバー同士で学び合う機会を増やしたい
・若手メンバーに人間関係の構築について学んでほしい

LECTURER

株式会社コロプラ 業務推進部 サウンドグループ マネージャー MK氏

大学卒業後、国内のゲームメーカーに就職。
サウンドチームに所属してアーケードゲームやコンシューマーゲームの研究開発を行う。

サウンドグループでは仕事には、必ず2人1組で取り組むようにしています。
「バディ制度」と呼んでいて、深い海の中を二人一組で行動する潜水士から着想を得ました。

サウンドの仕事自体は1人で完結できるものが多いのですが、孤独にもなりがちなんですね。特に若いと、どんどん自分のこだわりばかりが強くなって、時間をすごくかけてしまうし、客観性を失ってしまう。

だから常に2人で仕事に取り組むことで、自分以外の人からレビューをすぐに受けられるようにしています。バディが自分よりも高い能力をもっていれば、学びにもなるし、刺激も生まれる。1人ではナーバスになってしまう難易度の高い案件でも、2人で助け合って乗り切ろうとしてくれます。

それから、いろいろな役割を経験できるメリットもあります。2つのプロジェクトに2人をアサインして、この案件ではAさんが進捗管理でBさんが開発現場とのやりとり。もう1つの案件では逆で、といったような仕事の割り振りが可能です。

相性が悪そうな2人でも、あえてバディにしています。相性がよくない同士、どうやってコミュニケーションを取りながら仕事をするか。特に若い人はそうした人間関係の中で、多くのことを学んでくれるはずです。マネージャーはあまり介入しないで、様子をよく見て何かあればすぐにフォローできるようにしておくといいでしょう。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

あえて弱みをさらけ出す「支えてもらう型」のリーダーシップ

このアクションの目的は… リーダーの得意分野でないところのボールを、メンバーが自律的に拾えるようになる。 メンバーが「チームが有機的に働くために、何をすべきか」を考えながら動けるようになる。 「苦手なところは補いあうチームワーク思考、率先して動く自…

ACTION

相互理解を深める「価値観ワークショップ」

概要 私のチームでは、相互理解をより促進するためにそれぞれのメンバーが大切にしていることを共有し合う「価値観ワークショップ」を実施しました。 始めたきっかけ・背景 メニューデザイン研究所では飲食店のメニューデザインを専門に、コンサルティングから実際…

ACTION

プロダクトの改善施策や新機能のリリース情報をコーポレートブログで発信!

このアクションの目的は… ・事業部としてどういったプロダクト改善や新機能のリリースを行っているか他部署メンバー知ってもらうこと ・定量的な成果が見えにくい事業部のメンバーに対して承認と賞賛の機会を作ること このアクションの実践方法は… 1.当該事業…

ACTION

【1on1】キャリア、成長意識を高める3つの目的/チーム間の1on1を組み合わせるメリット

実施ポイント 週1回の頻度で心理的安全性を確保する 私は週に1回、30分〜1時間の1on1を行っており、場所はオフィスやカフェなどその時々で変えています。頻度としては多いと感じる人もいるかもしれませんが、心理的安全性の確保を最優先に考えた上でのペー…