クリエイティブ業務の評価を定量化し、納得感を持たせるコツ

・定量化しづらい業務の評価方法を知りたい
・評価に対する納得感を上げたい

LECTURER

株式会社コロプラ 業務推進部 サウンドグループ マネージャー MK氏

大学卒業後、国内のゲームメーカーに就職。
サウンドチームに所属してアーケードゲームやコンシューマーゲームの研究開発を行う。

サウンドグループでは、ゲーム内に使用されるSEやBGMを制作していますが、これまでは納得感のいく評価ができていないことが課題となっていました。定量化が難しいクリエイティブ業務ですし、サウンド制作の仕事内容を正確に理解されづらかったのです。

そこで、メンバーがいつ、何を、どれぐらいやっているのかをできるだけ数値化して、視覚化できるような報告書のフォーマットを作成しました。報告書はプルダウンメニューで業務内容を選択し、日時や量のデータを記入できるようにしています。

ちなみに、報告書はスプレッドシートで全メンバーが見られる状態にしているんですね。これは、コロプラの「情報のオープン化」というカルチャーによるものですが、より正確な情報を集めるという点でも一定の効果を発揮しています。

最終的には私が収集したデータを活用して評価資料を作成します。その際、報告書のデータだけでは私より上の上長が見たときに評価がしづらい。ですので、私がデータを元に「もしこの質・量の仕事を外注したら、どれぐらい費用がかかるか」を算出し、メンバーの人件費などと比較しています。そうやってROIを提示することで、メンバーの業務に対する価値がよりわかりやすくなるのです。

外注費との比較データに加えて、社内イベントを企画または積極的に参加した、ディレクション業務を行った、という定性的なコメントも加えて評価資料としています。

報告書を記入することによって、メンバーは自分たちが何をやっているのか他人に説明がしやすくなったようです。コロプラでは、評価前にマネージャーと面談を行って、自分がどれくらいできているか、自己評価について話す機会を設けています。この報告書ができるまでは、ただでさえ理解されづらい自分たちの仕事を数字もない中で説明しなければいけなかった。しかも、サウンドグループのメンバーはクリエイター気質で口下手な人が多い。そうしたことへのストレスが減り、評価に対する納得感が増したことで、wevox上での評価への納得感のスコアにもいい影響を及ぼしていると思います。

ABOUT COMPANY企業情報

株式会社コロプラ

主な事業:スマートフォンアプリを中心とした国内・海外向けモバイルゲームサービスの提供
設立年月日:2008年10月1日
従業員数:コロプラ本体:862名(グループ全体:1,280名)
(※2018年6月末時点)

OTHER STORY のインタビュー