1on1で会話の最後に「ほかに何かない?」と聞いて、悩みを引き出す

【このアクションはこんな人にオススメ】
・1on1を効果的に行いたい
・1on1でメンバーからうまく悩みや課題を引き出したい

LECTURER

レバレジーズキャリア株式会社 介護事業部 人材派遣グループ リーダー 長澤郁奈氏

2016年、レバレジーズ新卒入社。入社後半年でリーダーに着任、
2017年度のレバレジーズグループ全社総会ではベストリーダーにノミネート。
介護事業部の営業リーダーとして、数字管理・戦略立案を始め、
事業部のエンゲージメント向上施策や採用等多岐にわたる業務をこなす。

チームリーダーになって初めの頃、1on1をやるときはメンバーの年齢や社歴に応じて臨機応変に対応していたつもりでしたが、なかなかうまく意見をキャッチアップできませんでした。今から思えば、心に響く1on1になっていなかった、ということでしょう。そこで、やり方を少しずつ変えていきました。

まず、今は5分程度の雑談から会話を始めるようにしています。以前は、初めからかしこまった状態で「最近の業務はどうですか?」というように、すぐ本題に入っていたんです。ある意味、模範的なやり方かもしれませんが、これではなかなか話が進まなかったんですね。だから、最初にとりとめのない話から初めて、会話しやすい雰囲気をつくることを心掛けています。

それから、1on1では自分が話すことより、メンバーが今どう思っているかを聞き出すことが大切なので「聞くスタンス」を重視して、いろいろな質問を自分から投げ掛けるようにしました。相手が「今日は特に話すことがないんですよね」と言っても、言葉を交わしているうちに、意外と大事なことを話してもらえたりしますからね。それを、しっかりとキャッチするようにしています。

悩みや課題を聞き出すときに、意識して実践していることがあります。1つの会話が完結したときに、「ほかに何かない?」と、念を押すようにして質問を付け加えるようにしているのです。

何でもないような質問ですが、結構、効果が高いんですよね。「ほかに何かない?」と聞くと、相手が「これ、言っていいのか分からないけど…」と前置きしながら、プライベートの話をしてくれたり、悩みを語ってくれることが増えました。以前と比べて、キャッチできる情報の内容や量に、かなりの違いが生まれていると実感しています。

RECOMMEND こちらの記事も人気です

ACTION

キードライバーの「トレードオフスライダー」の作成・運用

このアクションの目的は… 繁忙期などはどうしても「健康」(業務量、ストレス反応)のスコアが低下する。自分たちの組織にとって、譲れないキードライバーは何かを明確にし、それだけは絶対に低下させないようにすることを目的とする。 このアクションの実践方法は…

ACTION

"明日からできる"メンバーの価値観をインタビュー

このアクションの目的は… エンゲージメントを上げるために、メンバーの承認、達成感ポイントを理解し、 日頃のフィードバックに活かす。 このアクションの実践方法は… 人によって、承認されたと感じるポイントや達成感を感じるポイントが異なります。 メンバー…

ACTION

メンバーのエンゲージメントを高める「傾聴」

このアクションの目的は… メンバーのエンゲージメントが高いということは、生産的な行動や、倫理観ある行動と、強く相関しているとされています。 そこで管理職としてアプローチできることとして、まず定期面談や目標設定面談、そして日々の業務での会話において&…

ACTION

地方型サテライトオフィスの風土改善とコミュニケーションの活性化

このアクションの目的は… 80名規模のサテライトオフィス(新潟)にて、本社(東京)との連携強化やオフィスの風土改善のために実施。 具体的にはメンバー間のコミュニケーション活性化やメンバーの自主性を醸成する各種改善施策を行い、地方でも働きやすい環境の…