シャッフルランチのメンバー構成に工夫を凝らし、共通の話題でお互いの交流を図る

社員数が増え、自部署を超えた社員同士の交流や、企業文化の浸透などに悩むマネーシャーも多いのではないでしょうか。そんなマネージャーに、各事業部の社員をごちゃ混ぜにして交流をはかる「シャッフルランチ」に関する工夫をご紹介します。

LECTURER

株式会社ホワイトプラス 経営企画部 組織開発グループ 高見唯樹氏

2012年新卒でリクルートライフスタイル入社。ホットペッパーグルメ営業→人事→じゃらん営業。人事では新卒採用/中途契約社員採用を経験。中途契約社員採用ではQ100名採用。2015年GMOアドパートナーズへ転職。グループ複数社の中途採用では年間100名以上採用。2017年7月よりホワイトプラスにジョイン。採用・採用広報・研修・組織活性に従事。

ホワイトプラスでは、部署が違う人達との交流を目的にしたランチ会「シャッフルランチ」を定期的に行なっています。ランチタイムに実施しているのは、夜の飲み会には参加できない時短社員とも交流が図れるようにするためです。

人事がメンバー構成を決め、部署がバラけるように大体5~6人くらいのグループを作っています。実施する大まかな時期までは人事で決めていますが、最終日程は、各チームのオーナーが決める運用方法です。

メンバー構成を考える際のポイントは、聞き役・話し役など会話量のバランスを考えることです。個人の特性や知見などを考慮して、AさんとBさんだとAさんが話して、Bさんが聞き役だろうな、など具体的なイメージを持ちながら考えていますね。話が弾まないとみんな退屈してしまうので、話がうまく回せる中心人物を必ず1人入れることや、「結局いつものメンバーだね」とならないよう部署やプロジェクトで関わりが少ない組み合わせにするなど、細かい工夫をしています。

最近だと動物占いの組み合わせでシャッフルランチを実施しました。社内で動物占いが流行ったので、同じ動物同士でランチに行けるようにメンバー構成の参考にしたのです。占いの結果が同じような人を集めると共通の話題にもなるのでよかったですね。

シャッフルランチを継続させるには、参加した人に「面白かった」と思ってもらう必要があります。そのために、動物占いのような遊び心のあるメンバー構成にチャレンジするなど、マンネリ化しない努力を大事にしています

RECOMMEND こちらの記事も人気です

仕事仲間との関係

営業とエンジニアが積極的に交流するメリットと注意点

私はもともと営業職だったのですが、今はエンジニアで構成されたチームのマネージャーを務めています。マネージャーに就いた当初から、同じ事業部内にある営業チームとエンジニアチームの間で、文化の違いからくるコミュニケーション不足を感じていました。 そこで、…

ACTION

キードライバーの「トレードオフスライダー」の作成・運用

このアクションの目的は… 繁忙期などはどうしても「健康」(業務量、ストレス反応)のスコアが低下する。自分たちの組織にとって、譲れないキードライバーは何かを明確にし、それだけは絶対に低下させないようにすることを目的とする。 このアクションの実践方法は…

ACTION

部門内でエンゲージメントスコアの開示及び対策検討・実行

このアクションの目的は… メンバー同士の信頼関係を高め、補完しあう関係性を強化し、組織としての強さを高める。 このアクションの実践方法は… 一定のエンゲージメントスコアが上がり、信頼関係が醸成されたタイミングと感じた場合は、次のステップとして部門の…

ACTION

グループのミッションビジョンバリューについて定例でディスカッションの場を設ける

このアクションの目的は… グループ一体感の醸成 ミッション・バリューの浸透 メンバー間の相互理解 事業部内にジャンルが全く異なる複数事業が存在し、縦割り型の組織になっていたため事業部としての一体感・チーム感があまりなかった。そこを改善し、1つのグル…

仕事仲間との関係

相互理解ワークショップを効果的に行うコツ

ホワイトプラスでは相互理解を深めるために、各グループ単位全員で行うワークショップを実施しています。 方法としては、最初に社内掲示板ツールを利用して、各メンバーにパーソナリティを深掘りする質問への回答を記入してもらいます。質問項目としては、例えば「自…