若手社員が積極的に意見できるようになる3つのポイント

LECTURER

株式会社ストアフロント(インタースペースグループ) リアルアフィリエイト事業部 第一営業グループ マネージャー 中嶋祐介氏

接客業、人材紹介業、広告営業、独立を経て株式会社インタースペースへ入社。現在は、東京と大阪の拠点を行き来し、グループの営業力強化に注力しながら、次のリーダーやマネージャーを育成することを目標としています。

若手メンバーが積極的に意見できる雰囲気づくりは、入社して間もない頃 のコミュニケーションがキモです。その時期を中心に、抑えておくと良い3つのポイントについてお話します。


①話は最後まで聞く

若いメンバーの意見でも、必ず最後まで聞くようにしています。

特に入社して間もない頃は、自分の発言が合っているのか、間違っているのか、ということを気にする人が多いです。その先入観を持っていては、意見は言いづらいですよね。「合っているか、間違っているか」が大事なのではなく、「意見を出すこと自体に価値がある」と知ってもらうことで、意見を言う積極性を引き出せるはずです。

そのために、まずは最後まで話を聞いて、意見を大事にしているという姿勢をマネージャーが示すことが重要です。

②頭ごなしに否定をしない

2つ目に意識しているのは、頭ごなしに否定しないことです。誰でも、自分が言ったことを否定されたら、気が滅入りますし、発言をする意欲が削がれます

相手が間違っていたことを言っていたとき、大事なのは「何が間違っているのか」を理解してもらうことです。だから、否定するのではなく、判断基準を伝えて「確かに、今言ったことは間違ってたな」という気づきを与えられるようにしています

イエス・ノーという答えだけを伝えてしまうと、なぜイエスなのか、ノーなのかが分からなくなりますし、その段階で分かっていなかった間違いは再発しますよね。なので、「否定」ではなく「間違いに気付く判断基準」を伝えるようにしています。

③自分を知ってもらう

3つ目は、自分を知ってもらうこと。

自分を知ってもらうためには、何か特別なテクニックに頼るのではなく、誰に対しても正直に話すようにします。例えば、上司と話しているときと、部下と話しているときで態度の差が生まれないようにしているんですね。それから、極々当たり前のことではあるのですが、隠し事をしたり、誤魔化したり、嘘をつかないようにする。ありのままの自分でいることで、誰に対しても同じ態度や言動をとることができます

常に同じ自分でいることで、人となりを相手に分かってもらえれば、コミュニケーションの誤差も生まれにくくなりますし、若いメンバーでも気兼ねなく意見を言えるようになるはずです。


もちろん、こうしたポイントは2年目、3年目のメンバーにも継続的に行っています。関係性がスタートする時期に特に意識すると、より効果的なのではないでしょうか。