挑戦する風土

チャレンジを支援する仕組みを取り入れてみましょう

人気美容系サイト@cosmeの企画・運営をしているアイスタイル社には、「committee challenge」という制度があります。社員の可能性を広げチャレンジを支援するための制度で、社員自らが組織横断の委員会を発足し、会社づくりや改善活動をすることができるというものです。 学 […]

新規事業コンテストを開催する

リクルート社には、新規事業のアイデアを社員から募集する制度があります。ゼクシィやホットペッパー、カーセンサーなどのサービスもこの募集から生まれたもの。2014年には「Recruit Ventures(リクルートベンチャーズ)」という、新規事業開発プログラムにリニューアルされていま […]

事業創造イベントを開催する

オーストラリアに本社がある、ソフトウェア開発会社Atllasianには3ヶ月に1度、ShipIt Dayという日があります。24時間で新しいものを考えて完成させ、翌日のミーティングで発表するというもの。 サービスに新しい機能を追加したり、オフィスが少し便利になるようなアイデアを考 […]

グローバルなチャレンジの機会を用意する

世界各国で事業を展開しているハウス食品社では、世界で活躍できる人材の育成にも力を入れているようです。グローバルな環境で学ぶことができる、さまざまな留学・留職の機会が用意されています。 グローバルチャレンジは、アメリカの大学への留学(4ヶ月)とインターンシップ(4ヶ月)を経験するこ […]

失敗を恐れない雰囲気づくりを意識する

創業以来黒字経営を続けている太陽パーツ社には、社長賞、努力賞、縁の下の力持ち賞など、さまざまな表彰制度があります。中には「大失敗賞」という賞があり、半年に1度、最も大きな失敗をした社員が表彰されます。 ある企画がうまくいかず5000万円の損失を出したことが、この賞ができるきっかけ […]

なぜチャレンジの機会をつくることが重要なのか

仕事に慣れるとストレスや緊張は減るかもしれませんが、次第に新鮮さがなくなりやる気が低下してくる傾向があります。 仕事を楽しいと感じたり、モチベーションをあげるきっかけとなる達成感。仕事でマンネリを感じていると、この達成感を感じる機会も少なくなります。 達成感を感じるためには、チャ […]