なぜ”達成感”を得ることが重要なのか?

なぜ”達成感”を得ることが重要なのか?

仕事がうまくいったり、何かを成し遂げたとき、とてもいい気分になりますよね。これは達成感を得たときに脳内に分泌される、ドーパミンの影響です。ドーパミンは快感ホルモンと呼ばれており、分泌されると人は「嬉しい」「楽しい」と感じます。

ドーパミンは中枢神経系にある神経伝達物質のひとつで、情報処理能力や注意力、集中力を向上させる働きがあります。ドーパミンが不足するとやる気がなくなったり、記憶力・運動能力の低下、疲れやすくなるなどの症状がでることも。

ドーパミンが分泌されるのは以下のようなときです。

・目標を達成したとき
・ほめられたとき
・新しい発見をしたとき
・嬉しい・楽しいと感じたとき
・感動したとき
・運動したとき

ドーパミンによる快感をまた味わいたいと思うことで意欲がわき、これがやる気のもとになります。仕事でも、やる気アップにつながる「達成感」を得られるよう意識してみましょう。

実施チェックポイント

・メンバーは毎日の仕事で達成感を感じられていますか?
・やる気が低下しているメンバーはいませんか?
・仕事で達成感を感じる工夫をしていますか?

wevoxの全てが丸わかり!

CTA-IMAGE エンゲージメントをスコア化することで離職防止やパフォーマンスの可視化につなげることができるwevox。 wevoxの説明資料やエンゲージメントに関する資料が一括で見ることができます。

コラムカテゴリの最新記事