チャレンジを支援する仕組みを取り入れてみましょう

チャレンジを支援する仕組みを取り入れてみましょう

人気美容系サイト@cosmeの企画・運営をしているアイスタイル社には、「committee challenge」という制度があります。社員の可能性を広げチャレンジを支援するための制度で、社員自らが組織横断の委員会を発足し、会社づくりや改善活動をすることができるというものです。

学生向けのインターンシップを企画する、「HRインターンシップ委員会」。サービスの改善案や新サービスを考える、「サービス向上委員会」。社内に多彩な書籍や漫画を取り入れ紹介する、「ライブラリー向上委員会」などが発足しているようです。

委員会の目的は、個人の視野を広げることだそう。各自の業務以外のことに目を向けることで、より広い分野で積極的に会社に関わることができるようになるでしょう。

目次

what to do

・部署を横断した取り組みやプロジェクトを考えてみましょう
・改善や事業の企画・実行をメンバーに任せてみましょう

 

wevoxの全てが丸わかり!

CTA-IMAGE エンゲージメントをスコア化することで離職防止やパフォーマンスの可視化につなげることができるwevox。 wevoxの説明資料やエンゲージメントに関する資料が一括で見ることができます。

改善コンテンツカテゴリの最新記事