イベント 08/30/2018

HR Session #6 を開催しました!

Admin

 

wevoxの利用企業様に日々の取り組みやナレッジを共有いただくHR Session。
今回はゲストとして埼玉大学大学院人文社会科学研究科准教授 宇田川様と株式会社ストリートスマート 代表取締役社長 松林様にご登壇いただきました。
今回はその様子についてイベントレポートをいたします!

定期的に開催しているHR Sessionも早いもので第6回目となりました。
いつもは利用企業様数社にご登壇いただいておりますが、今回は埼玉大学大学院人文社会科学研究科准教授 宇田川様に参加いただき、ご登壇いただきました。

まずは宇田川様より、「反脆弱性」「イノベーションのジレンマ」「イントラプレナー」「対話(観察→解釈→介入)」「ナラティブ・アプローチ」などをキーワードに語っていただきました。

強い組織とはなにか、何故企業はイノベーションのジレンマに陥るのか、今我々にとって何が重要なのか、多くの理論や事例を用いてお話いただきましたが、非常にわかりやすく、皆さんが手元でメモを取りながら前のめりに聞いているのが印象的でした。

次はストリートスマート 代表取締役社長 松林様のご登壇。
女性比率が7割を超える同社での取り組みを教えていただきました。

ビジネスとしてクラウドサービスの導入支援を行っている同社は「これからのワークスタイルをリードする」というメッセージとともに、自社でも積極的にクラウドツールを活用。

その場で、「大阪オフィス」「タイオフィス」「東京オフィス」にテレビ会議をつないでいただき、皆さんの日常の様子を共有いただきました。

また先日行われた経営合宿や、合宿内で実施した研修のお話なども。
宇田川様が開発された「ナラティブ・アプローチ」を使った研修での効果等に関しても、共有いただきました。

ご登壇いただいた方への質問タイム。かなり濃い質問が出ておりました。

最後は参加いただいた方での交流会!wevoxの使い方や取り組み、現状抱えている組織課題などお酒を交えてざっくばらんに。(いつも皆様の熱気にいい刺激をいただいております!

皆様から頂いた感想と今後の改善点

今回は講演の内容は難しかったですが、考えされる内容で刺激を貰えました
昨日はありがとうございました。気付きがあったので、社内で共有し、活かしていきたいと思います。
非常に学びの点、目からうろこの点多く、早速かえってメンバーにはなしました。とてもよい時間でした!
今回のような、有識者を招いたイベントも時折で良いので開催いただけると嬉しいです。少人数での開催だったので、聞きたいことが聞けてとてもよかったです。
プレゼンテーション・質疑応答の内容はわかりやすく、実際に実務に活用するための気づきを得ることができたのでとても有意義でした。
ただ個人的な期待値としてなのですが、深い質問をその場で出すことが出来なかったのが若干悔やまれました。例えばプレゼンテーションの内容を活用した簡単なアクティビティ(実際に考えるようなもの)が有れば、なおその場での理解が深まり、有意義な質問などを出すことができたかもしれません。
宇田川先生のお話は、過去に学んで感銘を受けた社会構成主義の考え方と繋がるものを感じ、とても面白く拝聴させていただきました。ちょうど組織として悩んでいたことの解決の糸口を見つけられた気がします。こういったセミナーまたぜひお願いしたいです。自己紹介の時間を取ると時間かかりすぎですが、せめて参加企業と最近の悩みとかを書いた一覧表があると良かったなと思ったのと、マイクがあるとより聞きやすいと思いました。ありがとうございました。

いつも貴重なフィードバックありがとうございます!

・今後参加者様には事前にアンケートを取らせていただき、最近の悩みや取り組み、気になっている事柄などをリスト化します。

・マイクの購入は、早速社内の管理部門に相談いたしました。次回以降準備できるよう進めて参ります!

・プレゼンテーションの内容に応じて、アクティビティも検討します。できる限り皆様に理解いただけるよう、構成も工夫して参ります。

アンケートからいただいた声を元に、更に良くなるよう改善して参ります!

最後に

wevoxではオンライン上の情報だけでなく、こういった場を通じて、少しでも皆様がより良くエンゲージメントを高められるようなオフラインでのイベントも開催しております。

正解がないからこそ、皆様と一緒に試行錯誤を繰り返しながら、エンゲージメントを高めていければと思っておりますので、引き続きどうぞ宜しくお願いいたします!

 

 

組織のエンゲージメントに変革を

詳しくみる

他の記事へ

Goodチームインタビュー
「完璧なリーダが指揮を取るチーム」ではなく「改善し続けることができるチーム」を目指すために有効な施策とは?
新規機能リリース・改善
研究協力を開始します!