カテゴリー: 改善コンテンツ

01/08/2018 改善コンテンツ

新規事業コンテストを開催する

リクルート社には、新規事業のアイデアを社員から募集する制度があります。ゼクシィやホットペッパー、カーセンサーなどのサービスもこの募集から生まれたもの。2014年には「Recruit Ventures(リクルートベンチャーズ)」という、新規事... 続きを読む

01/08/2018 改善コンテンツ

事業創造イベントを開催する

オーストラリアに本社がある、ソフトウェア開発会社Atllasianには3ヶ月に1度、ShipIt Dayという日があります。24時間で新しいものを考えて完成させ、翌日のミーティングで発表するというもの。 サービスに新しい機能を追加したり、オ... 続きを読む

01/08/2018 改善コンテンツ

悩みを相談しやすくする

社員の悩みを聞き出し支援をするには、相談しやすい環境を用意する必要があります。 CROOZ社では適材適所適者という考え方が大切にされていて、個人の能力やスキルよりも、「誰とどこで働くか」というマッチングを重視しているそう。 ミスマッチに早く... 続きを読む

01/08/2018 改善コンテンツ

オフサイトミーティングを実施する

社内の議論を活性化させるには、オフサイトミーティングが効果的です。 オフサイトミーティングとは、環境を変えて社外で行なうミーティングのこと。場所や雰囲気が変わると議論が活発になり、クリエイティブな発想が生まれやすいとされています。 ホテルや... 続きを読む

01/08/2018 改善コンテンツ

意見の対立や議論を奨励する

多様な意見や反対意見を受け入れると、より良い議論をすることができます。 経営学者ピーター・ドラッカー氏は、「正しい意思決定をするには、意見の対立が必要だ」という見解を示しています。 ドラッカー氏は、「反対意見はアイデアに広がりを持たせ、想像... 続きを読む

01/08/2018 改善コンテンツ

事業戦略に意見・提案できるようにする

会社の方針や事業戦略への共感を高めるには、社員が経営者目線で会社の経営について考える仕組みをつくることです。 サトーホールディングス社には、「三行提報」というオリジナルの仕組みがあります。社員が現場で気づいたことや改善のアイデアを三行(12... 続きを読む